和歌山情報発信 Minminzemi-Jr

こんにちは!「Min1号」と「Min2号」のSeminarです。

和歌山市 岡公園に静態保存されている、蒸気機関車「C 57119」と「和歌山軌道321号」について【思ひ出の車輌】

f:id:minminzemi81:20190414011708j:plain

和歌山城 岡口門
桜舞い散る和歌山城の岡口門から、三年坂通りを南へ渡ると岡公園があります。いつもここに来ると懐かしい気持ちが蘇ります。

和歌山市民から、愛され続ける岡公園です

 

和歌山城の南側にある「岡公園」は、和歌山市民なら一度は遊んだことがあるはずです。少し高くて「急角度の滑り台」が大人気で、何時も子供達の声がたえません。

また盤山「天妃山のテッペン」にも登ったのではないでしょうか?子供心に冒険気分になれましたね。裏の天妃池ではザリガニ釣りとか。

f:id:minminzemi81:20190413190610j:plain

丘公園入口にある石碑

岡公園に静態保存されている、蒸気機関車「C57 119」です

 

懐かしの蒸気機関車「C57 シゴナナ」です。紀勢線全通の昭和三十四年に、和歌山機関区に配属。その頃の和歌山機関区には、6、61、78の姉妹機も一緒に居たそうです。

ワタシも幼少期に乗った記憶が(うっすらと)あります。ずいぶん興奮してSLの絵を書いた。そして確か賞まで貰ったので、この車輌を覚えていました。

f:id:minminzemi81:20190408211948j:plain

丘公園に保存されているC57

紀勢線時代は特急「くまの」の牽引があり、集煙装置、重油併燃改造、ボイラ前端角化されて、以後紀勢線のSL廃止となる昭和四十八年まで活躍、退役後は岡公園にて美しく静態保存されています。

 

<和歌山県内で保存されている C 57 車輌>
○C 57    7号機、和歌山県田辺市会津児童公園
○C 57110号機、和歌山県橋本市、橋本運動公園
○C 57119号機、和歌山県和歌山市、岡公園

○貴婦人C57の勇姿✨をご覧下さい↓(昭和43年~47年撮影)

youtu.be

(※元国鉄和歌山機関区のOBである「田中一郎」さんが整備されています) 

 

南海和歌山軌道「321号」、通称ちんちん電車

 

皆んなから愛された、通称ちんちん電車(南海和歌山軌道)の321号も、岡公園で一緒に保存されています。昔は和歌山市民の足として、また景勝地和歌の浦への観光路線として大活躍しました。

昭和四十六年三月三十一日、路面電車廃止の日。営業運転が終了後、さらに車輌留置のために空車にて回送された321号が0時25分、和歌浦口停留所へ到着する。

ここにすべての路面電車の運行が終了しました。いまは「和歌浦口」と行き先表示されたまま、岡公園で時が止まっています。

f:id:minminzemi81:20190408212201j:plain

南海和歌山軌道 321号

保存車輌は、ここ岡公園と海南市にわずか二車輌が、残っているだけなのです(海南市、室山児童公園に322号がかろうじて残存)。他の車輌は和歌山の海の底に、漁礁として沈められ眠っています。これは愚かで悲しい“鉄道黒歴史”ですね。

○在りし日の市電(和歌山軌道)の姿です↓(46年3月撮影)

youtu.be

 

新しく移築された「長屋門」で、岡公園の印象が少し変わった

 

岡公園の北東側。いまに残る紀州和歌山藩の中級武士の屋敷門です。白黒格子がらの海鼠壁が目を引きますね。なんだか妙に白くて新しい。

f:id:minminzemi81:20190413185110j:plain

以前は堀止にあった長屋門

f:id:minminzemi81:20190413190003j:plain

裏側にはこんな感じに

それもそのはず移築に伴い、新しい建材を使いリニューアルされていました。

f:id:minminzemi81:20190414051721p:plain

岡公園付近の地図

和歌山城観光の最後に、ぜひお立ち寄りください。

懐かしい想い出がよみがえりますよ。

 

(1300文字、Thank you for reading.)