紀伊ハンター Minminzemi-Jr

こんにちは!「Min1号」と「Min2号」のSeminarです。

一月十五日は、何の日でしょうか?それが問題だっ! 202020【和歌山の成人式問題】

2020年に20歳になるとは、なんて素敵なことでしょう

一月十五日は何の日? 昭和生まれなら「成人の日」と答えるはず。ところが最近は、何やらようすが違うみたいです。成人式廃止論まであるなか、いったい誰が為の行事であるのかっと、言いたい今日この頃。グダグダ…ご成人、おめでとうございます。

♪成人したら酒がのめるぞぉ~酒が呑める、酒が飲めるぞぉ~ !

(無理に飲まなくてよい。和歌山には、暗い過去があったしな)

f:id:minminzemi81:20200114072331j:plain

 

成人式の開催日は、さらに変わるはずだね

 

今年2020年、和歌山の成人式が早々と一月五日に行われました。正月休みに成人式するのは、「過疎地域の特徴」早い話、和歌山の二十歳の若者は、ほとんど県外流出しているからね。それで、出席率の低下となる。これは、悲しいことなんだ。

そして二年後には、成人年齢が十八歳に引下げられることになる。高校三年生にて大人となるね。て、ことは受験期と重なり、これでは一月中の成人式すら危うくなるぞ。

 

高校三年生。学年で言えば、昔から気になっていた「早や生れ問題」“はや”と言っても和歌山ラーメンと一緒に食べる、寿司のことではないよ。わかっとるワイ!

そうなのだ、「成人式終わってから二十歳の誕生日」を迎える人もいる。それだと「ナンデヤネ~ン」気分じゃろ?また、成人式流れで同窓会に突入するグループだってあるようだしね。少しは忖度しないと。

なのでワタクシと致しましては、こういったマイノリティ民草を、救済致したい!ドン(机をどつく音)というワケで。

 

ならば良き日は、いつが適切なのであるか?

 

う~むゅ、たとえば、和歌山市では成人式を「和歌山市民会館」でおこなって来た。 小さ目のコンサートホールといった感じのハコだね。

それが、ただいま建て替え中なので、今年は「県民文化会館」で執り行ったらしい。音響が、なかなか宜しき会場なのです。そんな所でしちょーのご挨拶、キョーいくちょーご挨拶、とか選挙対策演説聞かされ続ける新成人は、何か気の毒に思う。

それはソレ、「お祭り風」にセイャ~♪盛り上げるべきことでは、ないかいな?!または「お楽しみ会?」みたくさぁ、なんか無いの、いいアイデアはっ!

 

ハイ、ヘンテコモードに入りましたぁ~ 

 

○ビンゴゲーム。ベタだけど、エサ(景品)で釣るのが一番。来場者一人ひとりにカードを配り、いきなしビンゴがスタート!はい、当選者には「熊野古道歩いて往く。湯ノ峰温泉✨ペア旅行」が当たります。これ、萌えるやろ! そうでもない? あ、そう。

○和歌山でいま熱いお祭りと云えば「紀州よさこい祭り」ですね。突然、舞台と会場の通路で、よさこい連が踊りまくり。演目は総踊り曲『YAPPA紀州』新成人の踊り子だっておるやンか。煽ってあおって、ほれ、晴れ着で躍るんやぁ~♪

▷参考/『YAPPA紀州』、和歌山城砂の丸にて


YouTube

○そしていよいよ〆は、地元出身のアーティスト登場するのだ。アゲアゲ⤴︎︎⤴︎︎そう、和歌山市でいえば、L'Arc~en~Ciel「HYDE」だね!和歌山市観光大使やってるし。成人式ゲスト頼めば、そりやぁ、快く来てく…どうですかぁ~??

hyde 本名は、寶井 秀人たからい ひでと 1969年1月29日。ロックバンドL'Arc〜en〜Cielボーカル。ソロではHYDE名で、活動している。小さい頃からアニメ好き、アニメーターを目指すが挫折。まわりの影響からギターを始めたとこから音楽活動に入る。ラルクの楽曲の作詞のほとんどはhydeが担当している。ヒデくんも五十歳、日本一セクスィなオヤジだね!

※このあたりのことは、ギャラの問題、スケジュール問題、地元への思い入れ具合とか色々なファクターが絡み合い、とても厄介なので市役所の手にあまる問題だろね。

そうだ、冬美ネェさんが、いるではないか。たしか「和歌山県ふるさと大使」の第一号となったのだ。曲目はあれだね、ヒット曲『また君に恋してる』 和歌山ver.をやる。この歌はね、男女の“艶めかしい歌詞”で「倦怠気味の男女が、ピロートーク」している感(笑)あり、少し健全路線? R18位の歌詞にアレンジしたいな。

さてさて、新装開店した和歌山市民会館に、冬美さんが登場。ざわめく会場「👏わ~、アレ誰や」「知らなしてなぁ」と囁く声も漏れる。何と冬美ネェさんが、振袖で登場する!?

 

『また和歌山に恋してる ver.One』

 

朝霧が招く 光を浴びて

はじめてのように ふれる街

てのひらに伝う 君の鼓動に

過ぎてきた時が 報われる

いつか風が 散らした桜

季節巡り 華をつけるよ

また和歌山 恋してる いままでよりも深く

また和歌山 好きになれる 心から

 

f:id:minminzemi81:20200115141232j:plain

 

若かっただけで 許された罪

残った傷にも 夢にじむ

人生の意味に 戸惑うときも

この街で 気持ち つないでた

ふゆの雨に 失くした空も

涙ふけば 虹も架かるよ

また和歌山 恋してる いままでよりも深く

また和歌山 好きになれる 心から

 

▷オリジナル曲は、コチラです。イイねぇ、心に染みる名曲です。


YouTube

○坂本 冬美 さかもと ふゆみ、1967年3月30日。和歌山県西牟婁郡上富田町に生まれ。三月生まれ、季節はすでに桜の季節の春だったが、生まれた時に“肌が雪のように白かった”ので「冬美」という名になったそうです。2002年には一時休業して、ふるさと和歌山に帰ってきた。心身ともにボロボロになり、故郷にて再起を目指す。二葉百合子の「岸壁の母」を聴いた時にショックを受け、二葉に弟子入りする。♪母は来ましぃぃたぁ~きょうもぉ来たぁ~♪坂本冬美は、紅白の常連でもありますね。

 

この曲の良さが分かるようになったら、それはもう“きっとオトナ”だ。だからこそ成人式に相応しいのではないかな。そうだ、成人式の良き日は、いつが適切なのかな?

 

年度末、つまり「三月の末」の成人式が相応しいと思う

 

桜咲き心うきたつ季節、卒業式も済んで、ガッコは既に春休み、納税もすんで(納税?!)、気分スッキリ。さらに三月三十日は、坂本冬美の誕生日である(←なんやそれ!)バッチグー!

f:id:minminzemi81:20200115135551j:plain

しかし、市役所職員「はぁ…年度末?アンタね、この移動のガチャガチャな時期に、そんなこと出来ひんわい!」キット、云うよねぇ~「大人の事情」かぁ<笑

 

今週のお題「二十歳」(2500文字、Thank you for reading.)