和歌山情報発信 Minminzemi-Jr

こんにちは!「Min1号」と「Min2号」のSeminarです。

海賊「つむじ風 剛右衛門」お宝伝説について 和歌山市 友ヶ島【友ヶ島裏話-壱】

f:id:minminzemi81:20180507192601p:plain

紀淡海峡淡路島、友ヶ島和歌山市

 

黄金伝説『豪右衛門の“隠し財宝の場所”は、紀淡海峡の「友ヶ島」である!!』それマジですか?!

 

海賊「つむじ風豪右衛門」とは?! 

 

埋蔵金やお宝伝説はロマンにあふれ、多くの人々を惹きつけるものですね。和歌山市友ヶ島には、江戸時代に瀬戸内海で大暴れした海賊「つむじ風剛右衛門」が隠したという「お宝伝説」がいまに伝わります。

f:id:minminzemi81:20180703073129j:plain

海にはロマンがある

この通称「つむじ風」は「海が荒れた日に限り海賊稼業」に出たところからついた通り名で、豪右衛門はあくまでも表向き「廻船問屋の顔役」であり、裏社会での顔「海賊の大親分」とを使い分けていました。

(※沖ノ島、神島、虎島地ノ島、四島併せ「友ヶ島」と呼ぶ)

 

海賊行為のやり方は、頭が良かった

 

紀伊水道は諸藩の商船が多く往き来する大動脈。その積荷を“荒れた海で略奪”する。そして奪ったお宝はしっかりと選別し、足がつきそうにない品物だけを売り捌く。そして売ることの出来ないお宝は「どこかへ隠匿し続けた」と云います。むむむ…どこかに?!

f:id:minminzemi81:20180812025719j:plain

友ヶ島遠景

ある日のこと。剛右衛門は嵐の日に略奪に向かったが、難破し多くの子分と一緒に溺死したといわれています。それで、お宝の「隠し場所を誰にも伝えず」この世を去った。残された品々を金額に換算すれば、その総額「数百億から、数千億…?!」にものぼるというのですから、これには血が騒ぎますね。いったいどうなったのか??

 

では「友ヶ島を探索」すればいいの?

 

豪右衛門の「隠し島は友ヶ島」と伝わっています。そしてその友ヶ島は「幕末から明治、第二次世界大戦が終わるまで軍事拠点」となり、一般人の立ち入りは厳禁だった。また大がかりな探索はいまもなされてはいない。と云うことは…「!」

f:id:minminzemi81:20181227155708j:plain

紀淡海峡

このことはお宝が「手付かずで眠っている可能性」を示唆しています。しかし剛右衛門が暴れていた海域は、四国蒲生田岬付近※ の「伊島」から淡路島南部地域「沼島」そして、和歌山市友ヶ島」までの紀伊水道一帯に及びます。

(※昭和二十年に発見された「蒲生田岬の金塊」も、財宝伝説となにか関係あるのかも知れない)

f:id:minminzemi81:20181023023257j:plain

加太の夕暮れ時

とにかく豪右衛門の「お宝総額」も凄いですが「対象海域」も広域なのですね。そして何よりも困ったことに「具体的な手掛かり」は全く残されていないのです。

 

友ヶ島情報をまとめました。参考にどうぞ↓↓↓

minminzemi81.hatenablog.com

(1000文字、Thank you for reading.)