Minminzemi-Jrのblog

こんにちは!Min1号とMin2号のSeminarです。主に和歌山を発信します

【和歌山 友ヶ島旅3】上陸ポイントは野奈浦桟橋へ。友ヶ島の攻略法は?

f:id:minminzemi81:20180225054937j:plain

[友ヶ島旅 目次]☆

1、[序の章]「春だし暇だしどっか遊びに行こうではないかっ! 」と私は云った。

2、[序二段] 行楽地、いやいや攻略地決定!!宮崎作品世界が空から降りて来た?!

3、[第壱章]春だぁ…これは小夏日和?!ずいぶん暑いよぅ~加太の海

4、[第弐章]九時三十分。ラピュタ起動!!目標は「友ヶ島!!」

[中入章]日々是好日…処々。加太の美しい夕焼けなど寄り道話。

6、[第参章]は~い注目!友ヶ島での役立ち情報モロモロを伝達しま~す!!

7、[第四章]ちょっと待って。ありゃ、我々の為すべきコトは何だったっけぇ?

8、[第伍章]「灯台もと暗し」て DO YOU 意味かな?…かなァ?!

9、[第六章]第一砲台跡でワシらも色々考えた٩(´-`)?のだ。 

10、[第七章]昼食、無事に完了。次は、とりあえず海岸に行ってみようか。

11、[第八章]さぁ次は、海軍聴音所にむけて大きく舵を切る!

12、[第九章]砲台跡階段で話し声いったい、お前は誰なんだ…「マタオマエカ」

13、[第拾章]ホ~ント!!この世界は、一寸先は真っ暗闇なのである。色々謎が多いよねえ。

14、[最終章]闘い彷徨い続けたアキレス、確かな休息の場所へ。(或いは友ヶ島ラピュタと、宮崎作品の本質?!)

15、[附属記]友ヶ島(沖ノ島)の歩き方!サクッとまとめてみました!

 

前回のお話し↓↓↓ 

minminzemi81.hatenadiary.com

 

[第参章]は~い注目! 友ヶ島での役立ち情報モロモロを伝達します!!

わ~い無人島だぁ♪友ヶ島だぁ~っ!!さぁ、冒険気分モリモリと盛り上がって来ましたよぉ!!もやい繋留されたラピュタくん。またねェ~また逢う日までェ♪(←いや帰りも乗るしね)

止まった船には長居は無用。とっとと降りる!に限る。

気になったのは案外、若い女性のソリスト(お一人様)が多いコト。

女史はこんな島好きなんだよな→「安全な冒険島」

でも、昔だったらありえない事だよ。たいてい野郎グループに連れられて、紅一輪(野郎の彼女ダナ)か、限定二輪(何故かニ人ぐらいまでだ)混ざっていて“舟虫”見ては「きゃぁ~!!」とか“クラゲ”触って「いや~ん♡」とかやってるパターンだった。ウザイったらないゾ。

島は何も変わらないが、客層は変わった。やっぱ“ラピュタ様”のおかげ、かな。

f:id:minminzemi81:20170610161458j:image

野奈浦桟橋の向って右横に案内センターがある。この島は夜は無人になるが、昼間はとりあえず管理人はいるし、小屋に電話がある。

キャンプ利用(何と無料)の場合。ココに申し込みが必要です。ここでのキャンプはサバイバルで、ワイルドだゼェ~!! キャンプファイヤーの星降る.+*:゚+。.☆野営が楽しめる。なので、周到な準備がいる。

初心者向けではありませんよ。

野宿上等!な、ツワモノだけだ。

飲み物の自販機が案内センター横に三台ある。

島料金なので、ほんの少しだけお高いかな。まぁコレは仕方ない。

f:id:minminzemi81:20170610190022j:image

勿論、着いてスグに飲料水を、買い込む賢者はいない。だが、この島にはココ以外自販機は皆無なのだ。水源がまるで無いのだ!! 注意⚠すべし!このコトは友ヶ島の攻略活動に、大きく影響を及ぼす重要事項。軽視した者はフラフラ敗退する運命にあるのだ。

敗退した海月ども、桟橋横に漂うの図だっ!f:id:minminzemi81:20170611193715j:image

友ヶ島教訓!!…攻略ポイント、その壱

📣ハイ、ご唱和下さ~い!

「水の一滴は、血の一滴、熱中症対策は万全に」

何を大袈裟な!と、思うでしょ?多分都会から来た多くの人々は、ポカリスエット五百mlボトル一本位を鞄にしのばせて「コレにて、安心♡」てな感じでは無いだろうか?

公園の散歩なら、これで良いだろうね。

でも、ここは友ヶ島。てんで甘いよっ! 大甘の黒王子だよっ!!

無人島には輜重隊(コンビニ)はいない救護班(救急車)もいない、マジヤバだからねっ。島を廻っての数時間後、心折れホウホウの体で野奈浦広場に戻って来てガクシ_ノ乙(、ン、)_初めて“自分の犯した過ち”に気ずく仕掛けになっているのだ。

この友ヶ島と云う奴はねェ、なるほどこのシステムまさに修験道の行場なのだな。

ちなみに我々の装備品は、我が家の輜重隊であるローソンから、お茶パック(一リットル)百六円也! を大量に買い込み、それを氷と共にボトルにドバドバ詰め替え、一人当たり約二リッターをホールド。(2L≒2kg見当)これだけあったらア~タ“道に倒れて誰かの名を呼び続けているヒト”だって、助けられるてなもんよっ!更にあと鬼斬弁当(梅干しIN)やら、いちレフカメラやら塩気のお菓子やら、色々とリュックが重いのなんの。

コレが“攻略部隊ラピュタ”の標準装備。

さて、まず攻略ルートを探ろう。桟橋降りた正面に、友ヶ島の地図看板がある。南北が逆になっている親切設計だ。皆さん下船して慌ててサクサク歩いて行かれるけど“慌てる何とかさんは、貰いがナンチャラ”と云うぞ。ガッコのラソン大会じゃないんだからね。

慌てない、あわてな~い。(←このノンビリ~マインドが後、大変なコトになる。

まぁヒトは「群れたがり、同じ道を辿りたがる」ものなのだ。

まして初めての無人島、こんなヤバそうな所に来たのなら、何か不安でしゃーないよな。うろうろ迷子wだけはゼッティ避けたいところだ。

「子供じゃないんだからぁ~」ダ、ヨ、ネ!

 

野奈浦揚陸地からのルートはとりあえず三つある。選べる三タイプだ。

 

一、西方向コース。

海辺りの道、第二砲台跡を目指す道。

何故かほとんどの人がまよわず、沖ノ島を西へ向うようだ。見るからに楽そうだもんね。

初めての方向きだ。

難易度は☆

二、南方向コース。

野奈浦広場横を巻くように登る、鷹ノ巣山頂の第三砲台跡を目指す。

割とハードな上り道だな。イキナリ山頂アタックはなぁ。山歩き慣れた方はコチラかな。

難易度☆☆

三、方向コース。

虎島方向をひたすら目指す、チャレンジコース。

海渡りもある。砲台跡は少なく、誰も目指す人は無いね。

無人の道を往くのは、逆に魅惑的だ。冒険好きならコッチかな。

難易度☆☆☆☆

 

ピーン! 

はい答え出ました、即断決定! コン鯖な、西ルートしかないなっ!!(←能書きの割には…

 

「右に行くぞっ、み~ぎっ!」

 

ザクザク、ザクザク…我々は楽チン海辺り道を進むのであった。いやいや、ワザと最後尾にしたのですよ。我に続くもの無し、必要なら脚で稼げばいいのだ!!(←マジですか?

スグに小さな神社があった。階段を登ってみよう。

木の鳥居とうねった石の階段が、魅惑的な雰囲気を醸している。祭神は天照大御神さん、友ヶ島砲台建設の安全を祈願して勧請したとある。

f:id:minminzemi81:20170617184714j:image

アレレ、お社の方向が珍しや北を向いているぞ。もちろん北向きには意味がありその意図するものとは…う~む、何だろね?加太の淡島神社なんか鬼門を向いているしなあ。そのコト知った時はなんかギョギョッ!だったよ。

この正面向こうには…ああっ、そうか神島を向いているのか?!それで北向きにあるのか?

フムフム…よし解決(←早っ!もう少し考えようよ。

 

さぁ次は第二砲台跡を攻略するぞっ! 

 

途中「落石注意⚠」の看板があった。道には大小の石がゴロゴロ転がっていた。

「既に落石してるやんか!」と、はずー隊員が云う。

「落石しちゃいましたぁ!の看板にすべき」

「あまぐり剥いちゃいました、みたいな?」

何か見えて来ましたよ。なんだコレは。

昭和オワコン全開の廃墟なのか、ボッタ営業の挙げ句お客さん「そして誰も来なくなりましたハイ終了」て感じがするね。ここ「富士屋別館」昭和の遺跡です。

f:id:minminzemi81:20170701052808j:image

更に海辺りに進むと遺跡感をど~ん漂わす風景が拡がる。

この沖合に白い客船が通過でもすれば構図的には凄くカッケー写真となるのだが。

この間きたQEを捉えるにはココがイイね!さあ、友ヶ島砲台のひとつ目の見どころです。

f:id:minminzemi81:20170611192150j:image

この場所は「第二砲台跡」である。

明治時代に構築したお台場だ。西洋列強の植民地支配を、何とか阻止したい!!と云う「坂の上の雲」を目指した明治日本の専守防衛!!その熱い想いで、構築されたものだ。

だから“昭和の劣悪な戦争遺跡”とは、性格がまるで違う。

味噌もクソも一緒にされては、可哀想だ。

紀淡海峡一帯の由良要塞は明治22年に起工して明治38年に完成したという。

その完成寸前の明治37年にはすでに日露戦争に突入、日本海海戦にてロシアのバルチック艦隊を破っている。国内防衛から外地戦へと軸が移って往く。

f:id:minminzemi81:20180220234448j:plain

我々のきた道を振り返ってみる。なんか倒木までダイナミックですね。

友ヶ島(沖の島)にあった砲台は…

友ヶ島第一砲台:27cmカノン砲×4門

友ヶ島第二砲台27cmカノン砲×4門

友ヶ島第三砲台28cm榴弾砲×8門

友ヶ島第四砲台28cm榴弾砲×6門

友ヶ島第五砲台12cmカノン砲×6門

虎島保塁9cmカノン砲×4門

以上、各種サイズ加農砲品評会の様なありさま。コレではめんどい運用となるはずだが、砲兵習熟の意味もあったのかな。由良要塞群の28cm榴弾砲のいくつかが、遼東半島の203高地攻略のため此処から運ばれていったらしいです。

f:id:minminzemi81:20180220195103j:plain

海側右翼第一、第二砲座は完全崩壊。戦後、進駐軍が爆破して、全て吹っ飛んだらしい。

左翼第三、第四砲座はまだ、何とか原形を留めている、半壊てところか。

要塞両翼の割れ方は地勢的な違いからの結果か。まぁ海上構築されたモノは、脆弱性ありてコトなのかな。…にしても割れ方までダイナミック!

f:id:minminzemi81:20180220195446j:plain

ぱっか~ん!と割れたレンガ要塞、見事な廃墟美だろう。

絡み付く蔦と黒松の影絵がクッキリ、何とも良い塩梅の構図で。

ココで夕景写真を是非撮りたいものだ。「つはものどもが夢のあと」的なテーマで。

背後からラピュタのラムダがあらわれても、なんら不思議ではない風景。

f:id:minminzemi81:20180220234019j:plain

廃墟ファン的にはど~なんだろう?「こんなの…邪道」て云うのかな?

いや、これはもう廃墟なんか越えてもう何かの旧い遺跡だなぁ。

軽く百年以上は経っている訳だし、 何とも凄い建造物ですね。

タイトルは「古代遺跡、滅びの美学」て、付けたい。

f:id:minminzemi81:20170611065229j:image

中を覗いて見ると…向こうに海が見えましたよ。

漁船通過のところを撮ろうとしたらハレーションして、上手く行かなかった。

しかしこの崩れ方はまぁ、見るからに危険だな。ヤバさがプンプン。当然内部立ち入り禁止だ!

f:id:minminzemi81:20170611065342j:image

海寄りにある剥き出しになった砲座跡。

もし、敵艦隊と戦闘になったら艦戦はジグザグ動くが、陸の砲座は固定だろ。そしたら艦砲で完璧ボッコボコに逝かれるんじゃないかな。

ここで戦闘が無くて本当、良かったと想うよね。

もしもドンパチやったならこうなるのか?

f:id:minminzemi81:20180220194659j:plain

南側の丘の上に登ってみる。

第二砲台跡が一望出来て眺めが一番いい場所。

写真撮影にこの場所をお薦めします。

バックに蒼い空と海、行交う白い漁船。赤いレンガの要塞、濃緑の黒松などのコントラストが、美しい絵画を構成する。文句ナシのフォトジェニックな眺めですよ。

また、砲台の裏側は芝生広場になっている。海を眺めてお弁当を食べるにもいい場所。

f:id:minminzemi81:20180220194011j:plain



「Marvelous!!」 

 

よし、次はいよいよ友ヶ島燈台の攻略だゼッ!!

 

[第四章]ちょっと待って。ありゃ、我々の為すべきコトは、何だったっけぇ?

Oh、そうであった。そうなのだ。思い出したっ!

そもそも今日は灯台の日で、我々は友ヶ島燈台一般公開」てなエベントに、参加するためにわざわざ友ヶ島迄、やって来たのではなかったのか。そして我々の真の目的は、ツラツラ灯台に登り「ワッハッハ!! 苦しゅうない!」と海に向い力無く、笑うことだったのだ!「何だそれ?」だけれども、そうなのだ。

f:id:minminzemi81:20180220175825j:plain

そう、この旅にて“明日への活力”を得るのだろう。

そのために…あっ…れ?そ〜かっ!アイタタっ、もっと重大なプロトコル思い出したのだった。

灯台登るのも“先着順\_( ゚ロ゚)ハイ、ここ重要!テストに出るかもョ~”だったコトを!!グハッ!!( ゚∀゚):∵ コレは大失策だぁ~。思えばアレだけの人数…舟艇二杯分だから、ざっと推定百六十人位かな、中隊規模がほぼ全員、島の西側目指してザクザクと、進軍して行ったのだ。

何てこったい。それを見送り「三太夫、そんな慌てずともよいではないか~はははのは」と、バカ殿(自分のコトだけど)はノンビリしていたが。

あぁ…我が隊は勝手に殿軍(しんがり)を、引き受けた訳ナノだけれども。

きっと今頃、友ヶ島も西側の比重を増し喫水線も、ズブズブ上がっているに違いない。島内人口比で言えば[西側99対1東側]だ。圧倒的与党である西側。その99部隊が何と今、灯台付近に集結し、灯台の攻略待ちしている風景を、考えるだに恐ろしいぞっ😱!

気づかなかったコトに、しよう。

知らなかったコトに、しよう。

脳problem!コレだっ!!…バルス

f:id:minminzemi81:20180220180707j:plain

ゴゴゴ…ガラ、ガラ…ドーン!以上、脳内独り言で、ある。

 

……閑話休題……🐱

 

[第伍章]「灯台もと暗し」て DO YOU 意味かな?…かなァ?!

砲台のごっつええ感じの写真をゲッツェした我々は、友ヶ島燈台に向う坂道を登っていた。

距離的にはすぐソコ間、問題はずっと登り道であることぐらいか。

楽勝じゃ!いくべ。あいや暫し待たれよ。前方上方より坂道降る、人影二人在りしや。

えっ、え?もう帰るのかいな」

変なのはその歩き姿が「あれ?あれれ?」だったのである。男と女、あべつくのようだけれど。憮然とした男が先に立ち、困り顔女が三歩後ろにヨロヨロ従う。

まるで昭和歌謡の世界か。コレはリアル「ぶらくり丁ブルース」なのか?

参考/ぶらくり丁ブルース 古都清乃

YouTube

その二人が坂の途中で、我々ラピュタ隊とすれ違う。

いったい…何なんだ?!

…暫くして。

「見たか?いまの…」と、振替り私。

「ハイヒールやった…なぁ」呆然と、はずー隊員。

そうなのである。あきらかにウオータービジネス系スーツの、困まり顔のお姐さんは、この山道で推定七センチハイヒールを、お履きになっていたのだ。廃ヒールやで…

(ラゾッタ) razotta ハイヒール パンプス ポインテッドトゥ シンプル フォーマル 美脚 レディース ol 通勤 pink お洒落 オシャレ カワイイ 可愛い kawaii ウェディング パーティー 結婚式 エナメル パーティ キャバ キャバクラ 嬢 セクシー sexy 歩きやすい ピンヒール(37(23.5cm), ブラック)

「そりは、無いわぁ~、ナイナイ!!」↑↑↑こんなの!

落石ゴロゴロ路肩崩壊の軍用道路(友ヶ島の道は軍道ナノです。観光用では無い)をねェ。しかも下り坂やでェ。すでに靴ズレ起こしかなり悲惨な状況であったと想われ…しかし、仏頂面部長(仮)手を貸すでもなく、いったい何なんだ?コイツはね。

 

「北の国の特殊工作員の秘密訓練ナノでは?」と、ぱずー隊員が熱く、意見を述べた。

「う~むゅ、確かにその可能性はヱヴァンゲリヲンの起動確率位はある。しかしなぁ…」しばし碇ゲンドウ(自分の事だけど)は、考える。

f:id:minminzemi81:20180220171112j:plain

何かを考える碇ゲンドウ

例えばだ、とりあえず灯台まで頑張って登って来てはみたけれど…やっぱり、脚の痛みに耐えられず女が言った。

 

泣き女「嗚呼、わたすィ…もう駄目、足がぁ、ひたいのョォ~ぶち~よょょのょ~」

ブチ男「しょうがないなぁ、君はいつもこうだ…じゃ、帰る怒っ!」スタ、スタタ…🚶

泣き女「ぁあ、まってぇぇぇ…!」

 

…てな、昭和歌謡演歌不倫旅行的道行状況が何となく、考えられなくもない。

まぁ勝手な妄想だけれども、さ。

 

友ヶ島教訓!!…攻略ポイント、その弐

📣ハイ、ご唱和下さ~い!

友ヶ島を舐めるなオナゴ。ヒール、サンダル、履いて来ちゃ~ダメ、ダメ」🙅

履くなら来るな、来るなら履くな」である。

ほんま、舐めたらいかんぜよ!(←ヒールをか?

「最低でもスニーカー、最高でも登山靴」とあの柔チャンも、言ってるではないか(←言ってません!

以前から“ハイヒール女が、島に来る”とか“ミニスカ女史が、歩いてる”(←コレは全然🙆)とか噂には聴いていたが、ホントに「目撃DQN!」したんだから、びっくらポン!だ。

友ヶ島は“島のふりした山”なのだから!!とにかく足元ダケは、ご注意を。

そんなこんなで灯台に着きました。

この場所は陽射しがキツイ!そして妙に暑いのだ。

さらに何よりも、やったらと人が多いぢゃないかぁぁぁ…。

f:id:minminzemi81:20170613074041j:image

ブラヴィッシモ友ヶ島砲台!プラシゥーボ友ヶ島燈台!(←ぶら何、タモリなの?

灯台の門を入ると受付けがあった。海保の職員の方がいる。記念品と受付けカードを貰う。

その受付け番号が何と“163番”だったのだ。予想ピタリ!!の順位に、若干諦め気分がよぎるが。「ど~したもんじゃろのお」σ( ̄^ ̄)…ん~、まぁなぁ?

とりあえず灯台周りを、ウロウロしてみる。

「…いやいやダメだ駄目だ。では第一砲台へ、転進!」

すぐ横にある第一砲台跡を探る事にした。

日仏合体!お城石垣(左側)に西洋のトンネル門がある。


f:id:minminzemi81:20170614185025j:image

あまり知られていないが、友ヶ島にある砲台要塞は、おフランス製なのだ。

だからこそ、お洒落さんナノだ。

 「Merci」「 Bonjour!」(←知ってる単語コレだけ-w

正しくはフランス人技師が設計し、明治日本のテクノクラートが(左官、大工、土工等ら)施工した。使ってる耐熱レンガだって、大阪辺りの町工場が造った物だ。

第一砲台跡弾薬庫から見た友ヶ島燈台。 

f:id:minminzemi81:20180220193149j:plain

明治二十二年から何と十六年間もかけ「由良要塞」を造ったとある。淡路の由良、加太、深山、そしてココ友ヶ島砲台併せて由良要塞、そう呼ぶそうだ。

フランス、スナイドル社製の加農砲、射程一万四千m!(スゴッ!!)を配備した。

日仏合作!

まぁ、ゴダール監督が東映太秦で映画撮ったようなもんだな!(←例えが旧いし、判らない。勝手にしやがれ!てか。

f:id:minminzemi81:20180220192710j:plain

所が…である。ココの友ヶ島燈台は、何とエゲレス製ナノだ。

明治五年初点灯とある。まだ普通にチョンマゲ頭が闊歩していた頃、である。SLが陸蒸気と呼ばれていた頃、である。思いつきで太陽暦を採用したもんだから、爆笑なコトに明治五年が二つもある!!

日英合作!

まぁ、ローワン・アトキンソンがCXの昼帯司会者やるようなもんか(←さらに例えが、判らない!

 

何故に?故に?この二つの物件は、仲の悪そうなドーバー海峡挟んだ二国に、別発注したのだろうか?我々の日本は既にこの頃から、全方位風見鶏バラマキ外交(予算は全て赤字国債だのみ)をしていたのか?このあたりの詳しい事情、よくは知らないが政府の場当たり的外交な感じはする。

f:id:minminzemi81:20180220180053j:plain

更に前、幕末頃にはたしか徳川幕府をバックアップしていたのが革命、フランス。んで、官軍側(後の明治政府)をバックアップしたのが大帝国、エゲレス(U.K.)だったハズ。漁夫の利を得ようとして、ねっちりニッチ開国迫ったのが黒船、メリケン(USA)。あと、コソコソと北の帝国、ロシア٩ʕ•ﻌ•ʔもしつこく迫る。四方八方から夷狄(いてき)に脅されて、もう日本は悶死寸前!ドーすんだよっ、ちょんまげ日本人!、、、はた、はった…。

 

👈明日は、どっちだ?!👉

f:id:minminzemi81:20180223000447j:plain

大政奉還版籍奉還廃藩置県

猛スピードで対外政策を巡らす。そんな時代、日本の暗夜航路を照らす灯台が各地に出来上がる。

ひとつ、また一つと、文明開化の火が灯る。友ヶ島燈台は日本で八番目に出来た。

ブラントン兄弟社が明治三年より着工し、明治五年に初点灯したのだった。

f:id:minminzemi81:20170616214646j:image

知ってるつもり?!

友ヶ島にまつわる歴史”知らないことだらけ、だったのだ。

これを友ヶ島燈台もと暗し」と、いうのかなぁ?

 

「COMMING TRUTH!!」 

 

 <灯台から次のポイントへ>

minminzemi81.hatenadiary.com

 

 

[特別付録その4]声に出して言ってみたい和歌山弁講座

 

「おチン、あげるわ!」

「おチン、食べるぅ?」

 

小さな子供に(お使いした時など)駄菓子を渡しながらオバチャンらがいう言葉。(語源は“お駄賃”からかな?)その形状は、チリ紙に焼菓子など入れおひねり状にして渡すのだ。古き良き時代の習慣だったな。

古家学さんで「YhooYoureYhoo」和歌山弁ラップ♪yo-yo-yo☝

YouTube 

(18/2一部加筆修正)