友ヶ島(沖ノ島)戦記、遂に大詰めか?ファイナルラウンド突入!アキレス最後の戦いへ!!ラピュタ隊、何処へ

友ヶ島、連続ほんまかいなストーリー 第Q弾

[拾壱]砲台跡階段で話し声がする。いったい、お前は誰なんだ…?「マタオマエカ」

f:id:minminzemi81:20170622013136j:image

右翼砲座跡から通路側に、いったん戻ることにした。弾薬支庫の俯瞰写真を撮ろうと思ったのだ。

 

階段を上がりかけたら何やら上の方で、以前に聞いた覚えの声が微かにするのだ…。

 

「このぉ~階段やったらぁ、今度はぁ~降りれるぅよぅ~なぁ?」(←声が、ちっこい!)

 

「………」

 

あぁ…ヤツらだっ。

 

「上からヤツらが、来るっ!!」

 

“オタっぷる”がモデルコースど~りに、来やがったなあ。しゃーない、道(階段)をあけるぞ。昇り掛けた階段を降り、階段を譲ることにする。

まぁ“降り方優先”である。急な角度で、危険だしね。何と優しいジェントルなメン男だろうね、俺ってばよう。

 

うんうん。えらい、偉い、

階段下で兄オタ男達を、しばし待つが…。

 

「ん…何だぁ?」

「あれ~っ?あれれのれ??」

 

なんと、誰も降りて来ないのである…。

 

代わりに降りてきたのは、如何にもなヤンキー風のグループがっ。

 

「あぁん!オラオラオラオラァ~、何じゃいオタ男!!

 

これじゃぁ、わしがまるでヤンキにビビって階段すら昇れねェ、チキン野郎みたいじゃねえかぁ~💢

 

先程の展望台休憩所では“頑張れェ~!”と、秘かなエールを送った俺様ナノだが、それは取り消す!

 

 

 全面的に取り消す!!

 

 

「オタ男、お前はもう、ガンバルなっ!!!!」

 

 

 以上!

 

 

↓有名な構図、弾薬支庫の写真を撮る。

f:id:minminzemi81:20170621032306j:image

[拾弐]ホ~ント!!この世界は、一寸先は真っ暗闇なのである。謎が多いよねえ。

 

この場所はかなり、ヒンヤリとする。体感温度的には、マイナス5度位は下がったかな。空気の流れなく湿気も何かこもった感じがする。この感じは…あぁ、鍾乳洞と同じ感覚だ。

 

第三砲台跡の地下弾薬庫に我々はいた。

 

手探り、足探り、ノロノロ進むのだが、別に暗闇が怖いからでは無い。地下層にやたらめったら別のパーティが、舟虫の様にチロチロしているからだ。サクサク歩いたりしたら“蟻さんごっつんこ”しかねない。各隊に暗視ゴーグルが、必要だなっ。

スマホ画面をライトがわりに、彷徨いている馬鹿どもが、ワサワサといる。スマホ(アプリ)では何の役にもたたないだろうに。まったく全く!

 

しかしこの感じはまさに、RPGの地下ダンジョンを、リアル体験しているようなものでもある。違うのは敵キャラ(他の観光客のコト)の出現頻度かな。

その確率は「スライムが現れた!」以上で、キャラ逃亡確率も「メタルスライムは逃げ出した!」位かな。これでは勇者のレベルが、全く上がらないではないか。

これでも初代ドラクエを三日でクリアした男なのだぞ!(←何じゃ、その自慢は?)

 

地下通路と弾薬庫は煉瓦面の上に、漆喰を施しているようだ。湿度と温度を、安定させるためなのかな。

弾薬庫の裏面?に40cm幅位の通路を見つけた。懐中電灯で照らすと、どうも上方に向かっているみたいだ。

「なんだ、この階段は…?」

人ひとりが通れるのみ、つまり上から誰か来れば対向出来ないので躊躇したが、確かめよう。上り階段を左に曲る、また左へボックスの形で、三回目の左。太陽光が僅かに刺す。行き止り、出ることも出来ない。どうやら砲座跡脇の所のようだ。「何じゃこれ??」スグにUターンする。第三砲台には“謎の通路”が他にも沢山ある。

ひと気もなしに何十年も放置状態のはず。その割には綺麗に保たれている奇跡。更に意外にも“厭な地下生物”が、見当たらないのだ。“カマドウマ”とか“ゲジゲジ”とか。まぁ、見えてなかっただけかもしれないが。

此処で写真を撮ってみたのだが、ストロボ発光させると実に“カスな写真”となる。地下要塞の重厚な雰囲気がぶち壊しだし、白くふっとんで見事にフラットになってしまう。やっぱライティングがいるなぁ。何度か撮ったが、面白くも何とも無い写真だな。

「う~ん、これではなぁ…」

つまんない“倉庫写真の証拠写真だな、コレ。消去。

闇カッケー写真をうpしたかったのだが、残念ながらミッション・インポッシブル!代わりにコチラを↓どうぞ。タイムトンネルを抜けた先に佇む未来人(21世紀人)の姿だっ!!

シュウオォォォ~ン

f:id:minminzemi81:20170623004207j:image

将校宿舎跡は酷い廃れ方で、和歌山の山奥によくある廃村家屋、そのもの。殆どの観光客が目にする場所に、あえて晒してある訳かな。修復はしないし、取り壊しもしない…。

コレって、何かの嫌がらせなのか…?!

 

次、行ってみよう~!

 

東へ道は続く。すぐに、三叉路がある。三択“運命の分かれ道”ダナ。

←左は“野奈浦広場”へ戻る下り道。

右→は“探照灯跡”へと続く道。

真っすぐ↑道なりは、“南垂水のキャンプ場”へと出る。

しかし、第四砲台跡は、立ち入り禁止になったというしなぁ。さて、時間は14:30かぁ、まだ余裕だなぁ。

 

よし、決まったなっ!

 

「面舵いっぱ~い!右」さくさく…🚶ンンッ…

 

ピーン!✨

 

何でかイイこと≧∇≦)و💭閃いちゃったのである。

さっきの第三砲台地下弾薬庫に、加太の淡島神社に掃いて捨てるほど(推定三万体)あるという、お人形さんを配置すればよいのである!

USJみたいな嘘くせーパチもん小屋だからマスゴミに叩かれた訳で。お人形さんだってこの場所なら覚醒するかもしれないではないか!

 

[淡島神社お人形さん+砲台地下弾薬庫=もうチビッちゃうぐらいこえェェェ~ほんまモン世界]誕生!!

 

ど~かなぁ?!イケてるコンテンツと想うのだが。そもそも淡島さんの島なんだから、コレは理にかなってるだろ。

なっ、文句ないだろ?

そしてレイヤーさんのために“アニメシアター”をやる!弾薬庫は映画上映にぴったりな小屋だ。ここで観る“天空の城ラピュタ”はたまらんぞよっ!!

みたい見たい!!

う~むゅ…そうなると、大事なのは“土産物”だな…。

友ヶ島の南斜面地を使って“トマト”や“オリーブ”更に“ぶどう”畑もする。地産お土産をど~ぞっ。

更に…考えられるのは、“ワイン造り”だっ!友ヶ島イタリア化っ!!マンマミーア♡砲台地下で樽並べれば、立派なシャトーワイナリーではないかっ。

うむうむ~、これはすごく夢があるよぉ~♪

 

特産品友ヶ島ワイン 爆薬風味”」の誕生!!

 

そしてイタメシ屋を、このあたりにおっ建てりゃイイかなぁ。

シェフは満幸商店のオバチャンを、スカウトする。通称名は「ジーナ」そして得意料理は「海の幸パスタ」。加太の鯛、鮑、雲丹なんか使ってね。すべて地産地消メニューで仕上げる。

アドリア海並の抜群のロケーションで、目の前に食材産地なんて、夢の様な話だなぁ~!!

 

リストランテ「Mankoshimone」誕生!!!

 

これで世界中から観光客が、日本の新名所であるココ「Tomogashima」にドットコ押寄せるコト必定なりっ!!

まぁ、友ヶ島汽船だって“友ヶ島関空航路”を開設し、ガバチョと儲け豪華クルーザーを買えば良い。

野奈浦には“ヨットハーバー”でキマリだなっ!

 

ど~よ、このアイデア冴えてるねェ~俺。友ヶ島パラダイス計画!!」で~いっ!!(ドヤ顔)

この島に圧倒的に足らないのは「」ナノだが、気ずかないのか?この男はっ!パラダイスどころでは無い!!水だよ水!!

友ヶ島の道↓は“トトロの道”なんだな、イメージ良いなぁ~。足が速まる。さくさく…🚶

f:id:minminzemi81:20170623230811j:image

友ヶ島の明るい未来計画”(妄想版)を考えていたら、さぁ見えて来ましたよ、探照灯跡↓が。

 

杜の中にヒッソリと佇んでいる。このイメージはトテモ気に入ったな。

 

「ヤホ~イ!!」

 

きょうイチ!じゃないかな。

f:id:minminzemi81:20170623230902j:image

なかなかなオシャンティーな建物↓だ。

 

横の階段の配置が何とも良い味、出してんじゃないのこのイメージまんま残して、リストランテが出来ないかな?

 

注文の多い料理店てェ、コトでね。 *´艸`)プ

f:id:minminzemi81:20170623234725j:image

サクサク…🚶…帰り道のこと。

何故か足に、違和感がある。

ず~ん!…急に重くなった。

なんだ…?何なのだ…??

 

「あ、…コレなんか、ヤバイ!」

 

すぐに水分補給をした。

考えてみると、島に渡ってから、何と!一度もトイレに行ってなかったコト(勿論大も小もね)に、気がついたのだった。

お茶は休憩のたびに、かなり採ったのに。

汗の蒸発量半端ないなぁ。

 

恐るべし!友ヶ島

 

(何とっ、マダマダ続くのかっ!大団円か?の第充弾へ)

🎁[特別付録]友ヶ島での“😨ว熱中症”について

熱中症とは簡単に言えば、体内から発汗などで急激に水分が失われ、そのために体温が急上昇する。最悪“生命危険”にまで至る可能性も。

 

○その症状↓とは(案外自覚しにくい)

[軽い]めまい、筋肉がつる。

[中度]吐き気、頭痛がある。

[重い]意識障害、昏倒する。

 

○して対策は…?(早めに手を打つのがコツ)

1に水分補給、2に塩分補給、3に食事を抜かない。

少しでも「何かヤバイぞ」と、感じたら涼しい場所へ移動、体温を冷す工夫を。

 

友ヶ島では、こまめに休憩をとり[涼しい場所で、冷水を飲む]が、何より大切ですよ。島は春先より秋口まで、高温多湿の日が多く続きます。ご注意ください!