ジモティが友ヶ島(沖ノ島)よりお伝えします。上陸地点は、野奈浦桟橋。さて、第一攻略ポイントは?意外だ。

友ヶ島、連続ほんまかいなストーリー 第GO弾

[参]上陸地点は、沖ノ島北部。島唯一の桟橋

 

いよいよ渡船は、野奈浦桟橋に近ずいた。

 

はいはい、進入よ~し。

 

しずしずと船はスローで前進。

 

まま、よう~そろ~う。

f:id:minminzemi81:20170610161037j:image

ドド~ン!! 接、ガン!

 

わ~い♪友ヶ島だぁ~っ!! (←少額SAYかっ!!)

 

さぁ、さぁ、冒険気分盛り上がって、来ましたよぉ!!

 

WAKU WAKU♡DOKI DOKI…🚢…ノ*°▽°)ノ…

f:id:minminzemi81:20170610201808j:image

もやい繋留されたラピュタくん。またねェ~✋また逢う日までェ♪(←いや帰りも乗るし)

 

[四]は~い👀注目! 行動前の諸注意など伝達!!

 

止まった船には長居は無用。とっとと降りる!に限る。気になったのは案外、若い女性ソリスト(お一人様)が多いコト。

女史はこんな島好きなんだよな→「安全な冒険島」w

でも、昔だったらありえない事だよ。

たいてい野郎グループに連れられて、紅一輪(野郎の彼女ダナ)か、限定二輪(何故かニ人ぐらいまでだ)混ざっていて“舟虫”見ては「きゃぁ!!」とか、“クラゲ”触って「いやん♡」とかやってるパターンだった。ウザイったらないゾ。

島は何も変わらないけど、客層は変わった。

やっぱ“ラピュタ様”のおかげ、かな。

f:id:minminzemi81:20170610161458j:image

野奈浦桟橋の向って右横に案内センターがある。この島は夜は無人になるが、昼間はとりあえず管理人はいるし、小屋に電話がある。

キャンプ利用(何と無料)の場合。ココに申し込みが必要です。ここでのキャンプはサバイバルで、ワイルドだゼェ~!! キャンプ🔥ファイヤーの星降る.+*:゚+。.☆野営が楽しめる。

なので、周到な準備がいる。初心者向けではありませんよ。野宿上等!な、ツワモノだけだ。

飲み物の自販機が、何台かはある。島料金なので、ほんの少しだけお高いかなぁ。

f:id:minminzemi81:20170610190022j:image

勿論、着いてスグに飲料水を、買い込む賢者はいない。だが、この島にはココ以外自販機皆無なのだ。水源がまるで無いのだ!! 注意⚠すべし!

このコトは友ヶ島の攻略活動に、大きく影響を及ぼす重要事項。軽視した者はフラフラ敗退する運命にある。

↓敗退した海月ども、桟橋横に漂うの図だっ!

f:id:minminzemi81:20170611193715j:image
 

👉友ヶ島教訓!!…攻略ポイント、その

📣ハイ、ご唱和下さ~い!

「水の一滴は、血の一滴、熱中症対策は万全に!! 」

 

何を大袈裟な!と、思うでしょ?

多分都会から来た多くの人々は、ポカリスエット五百mlボトル一本位を鞄にしのばせて「コレにて、安心♡」てな感じでは無いだろうか? 公園の散歩なら、これで良いだろうね。

でも、ここは友ヶ島、てんで甘いよっ! 大甘の王子だよっ!! 無人島には輜重隊(コンビニ)はいない救護班(救急車)もいない、マジヤバイんだからねっ!!

島を廻っての数時間後、心折れホウホウの体で野奈浦広場に戻って来て、ガクシ_ノ乙(、ン、)_初めて“自分の犯した過ち”に気ずく仕掛けに、なっているのだ。

この友ヶ島と云う奴はねェ、なるほどこのシステム、まさに修験道の行場なのだな。

 

ちなみに我々の装備品は、我が家の輜重隊であるローソンから、お茶パック(一リットル)百六円也! を大量に買い込み、それをと共にボトルにドバドバ詰め替え、一人当たり約二リッターをホールド。(2L≒2kg見当)

これだけあったらア~タ“道に倒れて誰かの名を呼び続けているヒト”だって、助けられるてなもんよっ!

更にあと鬼斬弁当(梅干しIN)やら、いちレフカメラやら、気のお菓子やら、色々とリュックが重いのなんの。

コレが“攻略部隊ラピュタ”の標準装備。

 

さて、まず攻略ルートを探ろう。桟橋降りた正面に、友ヶ島地図看板がある。南北が逆になっている親切設計だ。

皆さん下船して慌ててサクサク歩いて行かれるけど“慌てる何とかさんは、貰いがナンチャラ”と云うぞ。ガッコのマラソン大会じゃないんだからね。慌てない、あわてな~い。(←このノンビリ~マインドが後、大変なコトになる)

まぁヒトは“群れたがり同じ道を辿りたがる”ものなのだ。まして初めての無人島、こんなヤバそうな所に来たのなら、何か不安でしゃーないよな。迷子wだけはゼッティ避けたいところだ。子供じゃないんだからぁ~ダヨネ!

 

野奈浦揚陸地からのルートは、とりあえず三つある。選べる三タイプだ。

 

一、西方向コース。

海辺りの道、第二砲台跡を目指す道。何故かほとんどの人がまよわず、沖ノ島を西へ向うようだ。見るからに楽そうだもんね。初めての方向きだ。難易度は☆

 

二、方向コース。

野奈浦広場横を巻くように登る、鷹ノ巣山頂の第三砲台跡を目指す。割とハードな上り道だな。イキナリ山頂アタックはなぁ。山歩き慣れた方はコチラ。難易度☆☆

 

三、方向コース。

虎島方向をひたすら目指す、チャレンジコース。海渡りもある。砲台跡は少なく、誰も目指す人は無いね。無人の道を往くのは、逆に魅惑的だ。山好きならコッチかな。難易度☆☆☆☆

 

ピーンはい答え出ました、即断決定! コン鯖な、西ルートしかないなっ!!(←能書きの割にはヘタレ)

 

に行くぞっ、み~ぎっ!」

 

🚶ザクザク、ザクザク…我々は楽チン海辺り道を進むのであった。いやいや、ワザと最後尾にしたのですよ。我に続くもの無し、必要ならで稼げばいいのだ。(←マジですか?)

 

小さな神社↓がある。階段を登ってみよう。木の鳥居とうねった石の階段が、魅惑的な雰囲気を醸している。祭神は天照大御神さん、砲台建設の安全を祈願して勧請したとある。

f:id:minminzemi81:20170617184714j:image

アレレ、お社の方向が、北を向いているぞ。 もちろん、北向きには意味があり、その意図するものとは…う~む、何だろね?

加太の淡島神社なんか、鬼門を向いているしなあ。知った時は、なんかギョギョッ!だったよ。

この正面向こうには…ああっ、神島を向いているのか?!それで北向きにあるのか?フムフム…

 

よし解決(←早っ!)、さぁ次は第二砲台跡を攻略するぞっ! 

 

途中、「落石注意の看板があった。道には大小の石がある。

 

「既に落石してるやんか!」と、ぱずー隊員が云う。

「落石しちゃいましたぁ!の看板にすべき」

「あまぐり剥いちゃいました、みたいな?」

 

🚶ザクザク、ザクザク…何か見えて来ましたよ。なんだよ~、コレは?!

昭和オワコン全開の廃墟なのか…?

ボッタ営業の挙げ句お客さん“そして誰も来なくなりました”終了!て、感じがするねェ。

ここ「富士屋別館」昭和遺跡↓です。

f:id:minminzemi81:20170701052808j:image

更に海辺りに廃墟感ど~ん!!漂わす遺跡がっ!イイね、この眺めは!!沖合に白い客船が通過すれば、構図的にはカッケー写真となるのだが。

f:id:minminzemi81:20170611192150j:image

第二砲台跡だなっ!!「ラピュタ教」の神殿が、そこにあった。信者はまず此処を、詣でねばならないの…て、フザケを書いていて気分が悪くなってきたな。

 

駄目だダメだ!笑いモンにしたら。

 

ココは明治時代に構築したお台場だ。

 

西洋列強の植民地支配を、何とか阻止したい!!と云う坂の上の雲を目指した、明治日本の専守防衛の熱い想いで、構築されたものだ。

 

昭和の劣悪な戦争遺跡とは、性格がまるで違う。味噌もクソも一緒にされては、可哀想だ。

f:id:minminzemi81:20170611233226j:image
右翼第一、第二砲座↑は完全崩壊。戦後、進駐軍が爆破💣して、全て吹っ飛んだらしい。

左翼第三、第四砲座↓はまだ何とか原形を留めている。半壊てところか。要塞両翼のその違いは多分、地勢的な違いからの結果か。

まぁ海上構築されたモノは、脆弱性ありてコトかな。

f:id:minminzemi81:20170611065051j:image
ぱっか~ん!と割れたレンガ要塞、見事な廃墟美だろう。絡み付く蔦と黒松の影絵がクッキリ、何とも良い塩梅の構図で。

夕景写真を是非撮りたいものだ。

「つはものどもが夢のあと」的な。

f:id:minminzemi81:20170611232139j:image

廃墟ファン的にはど~なんだろう?こんなの邪道ジャン!て云うのかな?

いや、これはもう廃墟越えてもう何かの遺跡だなぁ。もう軽く百年は経っている訳で、何とも凄い建造物です。

タイトル「古代遺跡、滅びの美学」てね。

f:id:minminzemi81:20170611065229j:image
中を覗いて見ると…向こうに海が見えました。漁船通過のところを、撮ろうとしたらハレーションして、上手く行かなかった。

崩れ方はまぁ、見るからに危険だな。ヤバさプンプン。

当然内部、立ち入り禁止↓だ!

f:id:minminzemi81:20170611065342j:image

剥き出しになった砲座跡。もし、艦隊と戦闘になったら艦戦はジグザグ動くが、陸の砲座は固定だろ。そしたら艦砲で完璧ボッコボコに、逝かれるんじゃないかな。

戦闘が無くて本当、良かったと想う。もしもドンパチ↓やったならの図。

f:id:minminzemi81:20170611065625j:image

南側の丘の上に登る。第二砲台跡が一望出来、眺めが一番いい。

写真撮影にこの場所を↓お薦めします。

バックに蒼い空と海、行交う白い漁船。赤いレンガの要塞、濃緑の黒松などのコントラストが、美しい絵画を構成する。
f:id:minminzemi81:20170611070942j:image
よし、次はいよいよ友ヶ島燈台の攻略だゼッ!!

 

(更に第六弾へ、まだまだ続く)

🎁[特別付録]声に出して言ってみたい和歌山弁講座

「おン、あげるわ!」「おン、食べるぅ?」

小さな子供に(お使いした時等)駄菓子を渡しながらいう言葉。語源は“お駄賃”からか?此処和歌山には、古代からの古語が封印されている。