ラピュタ隊、想定外なドタバタのあげく遂に友ヶ島燈台を攻略!?さぁ、次はあの峯を目指して。ガンバ!

友ヶ島、連続ほんまかいなストーリー 第七弾

[七]第一砲台跡で考えた٩(´-`)?コトなど。

f:id:minminzemi81:20170616020820j:image

我々ラピュタ隊は、友ヶ島燈台の西側にある芝生広場で腰を降ろして、水分補給&ダベリングしていた。

此処は紀淡海峡眺めながら、お弁当を食べるには、絶好の場所である。

 

「なんかね、友ヶ島太陽が違うよな…」

「そうそう、光線量が倍ぐらい違う気が…」

美白少女としては、日焼けが心配ナノょ」

「はぁ?誰が微白しょじょじ…」

 

↓ハレーションするぐらい美白な、友ヶ島燈台
f:id:minminzemi81:20170617173825j:image

灯台の方から何やら、ハンドマイクの呼び出しが聴こえる。“七十番台の方ぁ…いませんかぁ~”

 

「まだ、七十番台かぁ、順番ナカナカやでなぁ、コレだとねェ」…たしかに。

 

その時、脳内MPに曲が流れていた。

 

♪海に抱かれて  男ならばぁ~

  例え破れても  燃える夢を持とうぉ~♪

  by加山雄三

 

レトロな若大将(自分のことだが)、やおら立ち上がり「じゃあ、トーチカ跡でも探ってみるか」と、言った。

 

トーチカと言うのは、第一砲台跡の左右に設けた測距儀(そっきょぎ)があった所らしい。すぐ近くなので、行ってみよう。

f:id:minminzemi81:20170616040013j:image

これがトーチカ跡ガンダムアッガイたんに良く似ているのだ。このタコ壺の中で距離を測るのだが、前の開口部はたいして広くは無い。

 

中から見るとこんな感じ↓三本の柱の上に測距機器があったのかな。このトーチカは北側右翼になる。南側左翼にも同様にトーチカがある。

三角測量→[A△B、底辺とABの角度]が解れば座標Cが測れる。

でも、精度はどうだったんだろ?

光学式の測量機は、大変だろなぁ。陽炎やら、水蒸気やら立ちのぼり、まして動く相手だから。

f:id:minminzemi81:20170616041651j:image

伝声管がない。床に穴があるが、コレがそうなのかな?

第一砲台迄、随分と距離があるしね。

例えば…

 

「敵艦、発見デアリマス!!」

 

「距離、ロクマル…ン?(え~と、端数が出るぞ困ったな)えと、切捨てっ…」発令所では算盤をパチパチ駆使して計算しているのだな。大阪の船場出身の兵隊が。

 

ウヌ、待ってられぬわっ!指揮官叫ぶ!!

「南、適当ニ、弾幕!!」てェ~!!

 

ドカン!💥ドカン!!💥

 

な~んてなことに↑ならないかな?

明治のイージスは、よく解らんが。

巧遅拙速!明治陸軍だもんね。

 

トレンチ通路↓がある。辿れば移動が出来る。

f:id:minminzemi81:20170617174052j:image

この第一砲台跡辺りは、ブッシュに覆われヘン虫が飛び、熊蜂🐝迄飛んでいた。ヤバいよぉ~ヤバいよぉ~、注意!注意!!

 

「撤収! 灯台に戻ろう…」思わず小声になる。

 

灯台前では、海保衣装のコスプレ撮影会をやっている。

ぱずー隊員が海猿w↓にジョブチェンジ!したぞ。

f:id:minminzemi81:20170617174625j:image

この暑いのに、わざわざウエットスーツを選ぶ所が偉い!さすが仙崎(偽)だっ。沖縄で体験ダイビングしただけのことがあったな。

しかし、あれ?ワンサカいた観光客が、減ってしまったなあ。

ハンドマイクが“百八十番台、いらっしゃいますかぁ”と叫んでいる…おっと、知らぬ間に順番が飛ばされているぞっ。

 

ようやく灯台に登れたのであった。

 

友ヶ島燈台テラスに立つ。海抜60メートル。たおやかな風が吹き、気分は爽快。挙げアゲ⤴︎ 

この場所には、独特の高揚感がある。

聴けば「恋する灯台」に認定されたらしい。まぁ、一種の恋愛スポットてコトかな。成程この周辺、リア充が沢山いるなぁ。羨まスィ~ぞ!

 

アオハルかよっ~!!」

 

紀淡海峡を往くコンテナ船が、次々とやって来る。対岸の淡路島、由良の町が見える。

漁港に蓋をするように、細長い成ヶ島があって変わった地形だ。たしか、すぐ南に「立川水仙郷」がある。有名なパラダイス!のある所だな。

f:id:minminzemi81:20170617181330j:image

灯台テラスを、東南西北白發中!と時計周りにユックリと二周した。

後続にポジションを譲ろう。

 

「よ~し、充分マン喫したぞっ!!」終了!

 

灯台一階にある旧式レンズ。素晴らしい造形美です。一見の価値あり!

f:id:minminzemi81:20170617215513j:image

ようやく昼飯の時間だな。さっき休憩した芝生広場に移動中のこと。突然、空からプロペラ音が聴こえる。

 

バラバラバラッ!

 

「おおっ、カッケー!!」手を振る。👋

「タスケテェ~!」また、手を振る。👋

 

f:id:minminzemi81:20170617223206j:image

海保の輸送ヘリコプターが、南方向から飛んで来た。かなりデカイ機体だな~。

灯台周りを旋回(多分撮影業務)して、関空方向へ去っていった。

f:id:minminzemi81:20170617223439j:image

スーパーピューマ225「みみずく」関空基地、所属機。

 

[八]昼飯終了!次は、そうだなぁとりあえず海岸に行ってみようか。

 

既に使用不可↓になっている手動式ポンプ
f:id:minminzemi81:20170617225355j:image

池尻広場から孝助海岸へ出る。岩場の海岸、イイ風景だよっ。

難破した船から投げ出され、この辺の松の木に引っかかり助かった孝助さん。てな、話が伝わる。

まるで“絵に描いたような”と、形容するのにふさわしい場所だな。
f:id:minminzemi81:20170617235311j:image

沖ノ島は北側と南側では、印象が違う。

南側は海岸が荒々しい雰囲気、波風のあたり方がキツイのかな。浜はゴロタ石だらけで、海水浴は無理そう。

タイドプールが出来れば、浜遊びが楽しそうだ。

f:id:minminzemi81:20170617235403j:image

さて、この海抜ゼロから鷹ノ巣山標高120m迄一気に登るのだが、残り時間とペース配分も考えないとな。

最終便🚢が16時半、今が昼過ぎだから余裕で島の西半分は廻れるのだが、さてどうしたものかな…。

 

👉友ヶ島攻略!!…ポイントその

📣はい、テゲテゲに、ご唱和ドウゾ

「島巡りは、計画性がだいじ!でも、滞在時間配分は臨機応変に」

 

悲しい事に島での滞在時間は、限られている。日帰りだと朝の一便から、帰りの最終便までだいたい七時間は、島で活動出来るのだ。

その気になれば、全ての砲台跡のコンプリートも可能だけれども、オススメは出来ない。妙な“トレラン気分”になるからだ。そのあげく帰路どっと疲れが出ることにもなる。

目的を明確にして“一所に時間”をかけると、思わぬ発見があったりする。それが楽しい。

f:id:minminzemi81:20170618024440j:image

ピンホールの小路↑何か雰囲気が抜群!!もののけの道。歩くの愉しい!

 

次は、あの「海軍聴音所」に行ってみようか。

そして小展望台で小休憩して、いよいよ鷹ノ巣広場&第三砲台跡へとまわる定石コースだな。

 

コレが↓目指すべき山、鷹ノ巣展望台です。
f:id:minminzemi81:20170618031033j:image

 (さぁ第二の山場へ!なのだなの第八弾)

Why Japanese People! 無人島で何やってんだい?!ラピュタ部隊の見たものとは……現地からは、以上です。

友ヶ島、連続ほんまかいなストーリー 第六弾

[伍]ありゃ我々の為すべきコトは、何だったっけぇ?

 

Oh、そうであった。

 

そうなのだ。思い出した!

 

そもそも今日は灯台の日で、我々は友ヶ島燈台一般公開」てなエベントに、参加するためにわざわざ友ヶ島迄、やって来たのではなかったのか。

 

そして我々の真の目的は、ツラツラ灯台に登り「ワッハッハ!! 苦しゅうない!」とに向い力無く、うことだったのだ!何だそれ?だけれども、そうなのだ。

 

そう、この旅にて“明日への活力”を得るのだろう。そして…あっ…れ?そ〜かっ!アイタタっ、もっと重大なプロトコル思い出したのだった。

 

灯台登るのも“先着順\_( ゚ロ゚)ハイ、ここ重要!テストに出るかもョ”だったコトを!!

 

グハッ!! コレは大失策だぁ~。思えばアレだけの人数…舟艇二杯分だから、ざっと推定百六十人位かな、中隊規模がほぼ全員、島の西側目指してザクザクと、進軍して行ったのだ。何てこったい。

それを見送り「三太夫、そんな慌てずともよいではないか~はははのは」と、バカ殿(自分のコトだけど)はノンビリしていたが。あぁ…我が隊は勝手に殿軍(しんがり)を、引き受けた訳ナノだけれども。

きっと今頃、友ヶ島も西側の比重を増し喫水線も、ズブズブ上がっているに違いない。島内人口比で言えば[西側99東側]だ。圧倒的与党である西側。その99部隊が何と今、灯台付近に集結し、灯台攻略待ちしている風景を、考えるだに恐ろしいぞっ😱!ェ-

 

気づかなかったコトに、しよう。知らなかったコトに、しよう。problem!コレだっ!!…バルス


f:id:minminzemi81:20170612134813j:image

ゴゴゴ…ガラ、ガラ…ドーン!

以上、脳内独り言で、ある。……閑話休題……

 

[六]「灯台もと暗し」て DO YOU 意味かな?

 

話はたしか第二砲台跡からだ。砲台のごっつええ感じの写真をゲッツェした我々は、友ヶ島燈台に向う坂道を登っていた。…🚶ザクザク

 

距離的にはすぐソコ間、問題はずっと登り道であることぐらいか。楽勝じゃ!いくべ。

 

あいや暫し待たれよ。前方上方より坂道降る、人影二人在りしや。

 

えっ、もう帰るのかいな?それよりも、歩き姿が「あれ?あれれ?」で、ある。

 

男と女、あべつくのようだけれど。憮然とした男が先に立ち、困り顔女が、三歩後ろにヨロヨロ従う。まるで昭和歌謡の世界か。

リアル「ぶらくり丁ブルース」なのか?

その二人が坂の途中で、我々ラピュタ隊とすれ違う。

 

 

いったい…何なんだ?!

 

 

…暫くして。

「見たか?いまの」と、振替り私。

「ハイヒールやった…なぁ」呆然と、ぱずー隊員。

 

そうなのである。あきらかにウオータービジネス系スーツの、困まり顔のお姐さんは、この山道で推定七センチハイヒールを、お履きになっていたのだ。

「そりは、無いわぁ、ナイナイ!!」

落石ゴロゴロ路肩崩壊の、軍用道路(友ヶ島の道は軍道ナノです。観光用では無い)をねェ。

しかも下り坂やでェ。

すでに靴ズレ起こし、かなり悲惨な状況であったと想われ…しかし、仏頂面部長(仮)手を貸すでもなく、何なんだ?コイツは。

 

「北の国の特殊工作員の秘密訓練ナノでは?」と、ぱずー隊員が熱く、意見を述べた。

「う~むゅ、確かにその可能性はヱヴァンゲリヲン起動確率位はある。しかしなぁ」しばし、碇ゲンドウ(自分の事だけど)は、考える…。

 

例えばだ…とりあえず灯台まで、頑張って登って来てはみたけれど…やっぱり、耐えられず女が言った。

泣き女「嗚呼、わたすィ…もう駄目、足がぁ、ひたいのョォ~ぶち~よょょのょ」

ブチ男「しょうがないなぁ、君はいつもこうだ…じゃ、帰る怒っ!」スタ、スタタ…🚶

泣き女「ぁあ、まってェ…!」

…てな、歌謡演歌的状況が何となく、考えられなくもない。まぁ、勝手な妄想だけれども、さ。

 

 

👉友ヶ島教訓!!…攻略ポイント、その

📣ハイ、ご唱和下さ~い!

友ヶ島を舐めるなオナゴ。ヒール、サンダル、履いて来ちゃ~ダメ、ダメ」🙅

 

履くなら来るな、来るなら履くな」である。ほんま、舐めたらいかんぜよ!(←ヒールをか?)

「最低でもスニーカー、最高でも登山靴」とあの柔チャンも、言ってるではないか(←言ってません!)

“ハイヒール女が、島に来る”とか“ミニスカ女史が、歩いてる”(←コレは全然🙆💓)とか、には聴いていたが、ホントに目撃DQN!したんだから、びっくらポン!だ。友ヶ島は、“島のふりした山”ナノだから!!足元ダケは、ご注意を。

 

そんなこんなで灯台に、着きました。

 

だが、しかし。

陽射しがキツイ!そして、暑い。

そして、何よりもやったらと、人が多い!!

f:id:minminzemi81:20170613074041j:image

ブラヴィッシモ友ヶ島砲台!プラシゥーボ友ヶ島燈台!(←ぶら何、タモリ?)

灯台の門を入ると受付けがあった。海保の職員の方がいる。記念品と受付けカードを貰う。

その受付け番号が、何と163番だったのだ。

予想ピタリ!!の順位に、若干諦め気分がよぎるが。「ど~したもんじゃろのお」σ( ̄^ ̄)…?

 

灯台周りをウロウロしてみる。

「…いやいや、では第一砲台へ、転進!」

すぐ横にある第一砲台跡を探る事にした。

 

日仏合体の図↓お城石垣(左)に西洋のトンネル門
f:id:minminzemi81:20170614185025j:image

あまり知られていないが、友ヶ島にある砲台要塞は、おフランスなのだ。だからこそ、お洒落さんナノだ。

「Merci Bonjour!」

正しくはフランス人技師が設計し、明治日本のテクノクラートが(左官、大工、土工等ら)施工した。使ってる耐熱レンガだって、大阪辺りの町工場が造った物だ。

第一砲台跡↓弾薬庫から見た友ヶ島燈台。

f:id:minminzemi81:20170616030645j:image

明治二十二年から何と十六年間もかけ「由良要塞」を造ったとある。淡路の由良、加太、深山、そしてココ友ヶ島砲台併せて由良要塞、そう呼ぶそうだ。フランス、スナイドル社製カノン砲、射程一万四千m!(スゴスッ!!)を配備した。

日仏合作!まぁ、ゴダール監督が東映太秦で映画撮ったようなもんだな!(←例えが旧いし、判らない。勝手にしやがれ!てか)

 

所が、である。

 

ココの友ヶ島燈台は、何とエゲレス製ナノだ。明治五年初点灯とある。まだ普通にチョンマゲ頭が闊歩していた頃、である。SLが陸蒸気と呼ばれていた頃、である。思いつきで太陽暦を採用したもんだから、爆笑なコトに明治五年が二つもある!!

日英合作!まぁ、ローワン・アトキンソンがCXの昼帯司会者やるようなもんか(←さらに例えが、判らない!)

f:id:minminzemi81:20170614160729j:image

何故に?故に?この二つの物件は、仲の悪そうドーバー海峡挟んだ二国に、別発注したのだろうか?

 

我々の日本は既にこの頃から“全方位風見鶏バラマキ外交(予算は全て赤字国債だのみ)”をしていたのか?

f:id:minminzemi81:20170614184129j:image

幕末にはたしか、徳川幕府をバックアップしていたのが革命、フランス。んで、官軍側(後の明治政府)をバックアップしたのが大帝国、エゲレス(U.K.)だったハズ。

漁夫の利を得ようとして、ねっちりニッチ開国迫ったのが黒船、メリケン(USA)

あと、コソコソと北の帝国、ロシア٩ʕ•ﻌ•ʔもしつこく迫る。

 

四方八方から夷狄(いてき)に脅されて、もう日本は悶死寸前!

 

ドーすんだ、ちょんまげ日本人!

 

👈明日は、どっちだ?!👉

 

f:id:minminzemi81:20170612114439j:image

大政奉還版籍奉還廃藩置県

猛スピードで、策を巡らす。そんな時代、日本の暗夜航路を照らす灯台が、各地に出来上がる。ひとつ、また一つと、文明開化の火が灯る。

 

友ヶ島燈台は、日本で八番目に出来た。ブラントン兄弟社が明治三年より着工し、明治五年に初点灯したのだった。

f:id:minminzemi81:20170616214646j:image

知ってるつもり?!

友ヶ島にまつわる歴史”

知らないことだらけ、だったのだ。

これを友ヶ島燈台もと暗し」と、いうのかなぁ?

 

(ラピュタ隊の旅は、まだまだ続く!笑撃の第七弾へ)

ジモティが友ヶ島(沖ノ島)よりお伝えします。上陸地点は、野奈浦桟橋。さて、第一攻略ポイントは?意外だ。

友ヶ島、連続ほんまかいなストーリー 第GO弾

[参]上陸地点は、沖ノ島北部。島唯一の桟橋

 

いよいよ渡船は、野奈浦桟橋に近ずいた。

 

はいはい、進入よ~し。

 

しずしずと船はスローで前進。

 

まま、よう~そろ~う。

f:id:minminzemi81:20170610161037j:image

ドド~ン!! 接、ガン!

 

わ~い♪友ヶ島だぁ~っ!! (←少額SAYかっ!!)

 

さぁ、さぁ、冒険気分盛り上がって、来ましたよぉ!!

 

WAKU WAKU♡DOKI DOKI…🚢…ノ*°▽°)ノ…

f:id:minminzemi81:20170610201808j:image

もやい繋留されたラピュタくん。またねェ~✋また逢う日までェ♪(←いや帰りも乗るし)

 

[四]は~い👀注目! 行動前の諸注意など伝達!!

 

止まった船には長居は無用。とっとと降りる!に限る。気になったのは案外、若い女性ソリスト(お一人様)が多いコト。

女史はこんな島好きなんだよな→「安全な冒険島」w

でも、昔だったらありえない事だよ。

たいてい野郎グループに連れられて、紅一輪(野郎の彼女ダナ)か、限定二輪(何故かニ人ぐらいまでだ)混ざっていて“舟虫”見ては「きゃぁ!!」とか、“クラゲ”触って「いやん♡」とかやってるパターンだった。ウザイったらないゾ。

島は何も変わらないけど、客層は変わった。

やっぱ“ラピュタ様”のおかげ、かな。

f:id:minminzemi81:20170610161458j:image

野奈浦桟橋の向って右横に案内センターがある。この島は夜は無人になるが、昼間はとりあえず管理人はいるし、小屋に電話がある。

キャンプ利用(何と無料)の場合。ココに申し込みが必要です。ここでのキャンプはサバイバルで、ワイルドだゼェ~!! キャンプ🔥ファイヤーの星降る.+*:゚+。.☆野営が楽しめる。

なので、周到な準備がいる。初心者向けではありませんよ。野宿上等!な、ツワモノだけだ。

飲み物の自販機が、何台かはある。島料金なので、ほんの少しだけお高いかなぁ。

f:id:minminzemi81:20170610190022j:image

勿論、着いてスグに飲料水を、買い込む賢者はいない。だが、この島にはココ以外自販機皆無なのだ。水源がまるで無いのだ!! 注意⚠すべし!

このコトは友ヶ島の攻略活動に、大きく影響を及ぼす重要事項。軽視した者はフラフラ敗退する運命にある。

↓敗退した海月ども、桟橋横に漂うの図だっ!

f:id:minminzemi81:20170611193715j:image
 

👉友ヶ島教訓!!…攻略ポイント、その

📣ハイ、ご唱和下さ~い!

「水の一滴は、血の一滴、熱中症対策は万全に!! 」

 

何を大袈裟な!と、思うでしょ?

多分都会から来た多くの人々は、ポカリスエット五百mlボトル一本位を鞄にしのばせて「コレにて、安心♡」てな感じでは無いだろうか? 公園の散歩なら、これで良いだろうね。

でも、ここは友ヶ島、てんで甘いよっ! 大甘の王子だよっ!! 無人島には輜重隊(コンビニ)はいない救護班(救急車)もいない、マジヤバイんだからねっ!!

島を廻っての数時間後、心折れホウホウの体で野奈浦広場に戻って来て、ガクシ_ノ乙(、ン、)_初めて“自分の犯した過ち”に気ずく仕掛けに、なっているのだ。

この友ヶ島と云う奴はねェ、なるほどこのシステム、まさに修験道の行場なのだな。

 

ちなみに我々の装備品は、我が家の輜重隊であるローソンから、お茶パック(一リットル)百六円也! を大量に買い込み、それをと共にボトルにドバドバ詰め替え、一人当たり約二リッターをホールド。(2L≒2kg見当)

これだけあったらア~タ“道に倒れて誰かの名を呼び続けているヒト”だって、助けられるてなもんよっ!

更にあと鬼斬弁当(梅干しIN)やら、いちレフカメラやら、気のお菓子やら、色々とリュックが重いのなんの。

コレが“攻略部隊ラピュタ”の標準装備。

 

さて、まず攻略ルートを探ろう。桟橋降りた正面に、友ヶ島地図看板がある。南北が逆になっている親切設計だ。

皆さん下船して慌ててサクサク歩いて行かれるけど“慌てる何とかさんは、貰いがナンチャラ”と云うぞ。ガッコのマラソン大会じゃないんだからね。慌てない、あわてな~い。(←このノンビリ~マインドが後、大変なコトになる)

まぁヒトは“群れたがり同じ道を辿りたがる”ものなのだ。まして初めての無人島、こんなヤバそうな所に来たのなら、何か不安でしゃーないよな。迷子wだけはゼッティ避けたいところだ。子供じゃないんだからぁ~ダヨネ!

 

野奈浦揚陸地からのルートは、とりあえず三つある。選べる三タイプだ。

 

一、西方向コース。

海辺りの道、第二砲台跡を目指す道。何故かほとんどの人がまよわず、沖ノ島を西へ向うようだ。見るからに楽そうだもんね。初めての方向きだ。難易度は☆

 

二、方向コース。

野奈浦広場横を巻くように登る、鷹ノ巣山頂の第三砲台跡を目指す。割とハードな上り道だな。イキナリ山頂アタックはなぁ。山歩き慣れた方はコチラ。難易度☆☆

 

三、方向コース。

虎島方向をひたすら目指す、チャレンジコース。海渡りもある。砲台跡は少なく、誰も目指す人は無いね。無人の道を往くのは、逆に魅惑的だ。山好きならコッチかな。難易度☆☆☆☆

 

ピーンはい答え出ました、即断決定! コン鯖な、西ルートしかないなっ!!(←能書きの割にはヘタレ)

 

に行くぞっ、み~ぎっ!」

 

🚶ザクザク、ザクザク…我々は楽チン海辺り道を進むのであった。いやいや、ワザと最後尾にしたのですよ。我に続くもの無し、必要ならで稼げばいいのだ。(←マジですか?)

 

小さな神社↓がある。階段を登ってみよう。木の鳥居とうねった石の階段が、魅惑的な雰囲気を醸している。祭神は天照大御神さん、砲台建設の安全を祈願して勧請したとある。

f:id:minminzemi81:20170617184714j:image

アレレ、お社の方向が、北を向いているぞ。 もちろん、北向きには意味があり、その意図するものとは…う~む、何だろね?

加太の淡島神社なんか、鬼門を向いているしなあ。知った時は、なんかギョギョッ!だったよ。

この正面向こうには…ああっ、神島を向いているのか?!それで北向きにあるのか?フムフム…

 

よし解決(←早っ!)、さぁ次は第二砲台跡を攻略するぞっ! 

 

途中、「落石注意の看板があった。道には大小の石がある。

 

「既に落石してるやんか!」と、ぱずー隊員が云う。

「落石しちゃいましたぁ!の看板にすべき」

「あまぐり剥いちゃいました、みたいな?」

 

🚶ザクザク、ザクザク…何か見えて来ましたよ。なんだよ~、コレは?!

昭和オワコン全開の廃墟なのか…?

ボッタ営業の挙げ句お客さん“そして誰も来なくなりました”終了!て、感じがするねェ。

ここ「富士屋別館」昭和遺跡↓です。

f:id:minminzemi81:20170701052808j:image

更に海辺りに廃墟感ど~ん!!漂わす遺跡がっ!イイね、この眺めは!!沖合に白い客船が通過すれば、構図的にはカッケー写真となるのだが。

f:id:minminzemi81:20170611192150j:image

第二砲台跡だなっ!!「ラピュタ教」の神殿が、そこにあった。信者はまず此処を、詣でねばならないの…て、フザケを書いていて気分が悪くなってきたな。

 

駄目だダメだ!笑いモンにしたら。

 

ココは明治時代に構築したお台場だ。

 

西洋列強の植民地支配を、何とか阻止したい!!と云う坂の上の雲を目指した、明治日本の専守防衛の熱い想いで、構築されたものだ。

 

昭和の劣悪な戦争遺跡とは、性格がまるで違う。味噌もクソも一緒にされては、可哀想だ。

f:id:minminzemi81:20170611233226j:image
右翼第一、第二砲座↑は完全崩壊。戦後、進駐軍が爆破💣して、全て吹っ飛んだらしい。

左翼第三、第四砲座↓はまだ何とか原形を留めている。半壊てところか。要塞両翼のその違いは多分、地勢的な違いからの結果か。

まぁ海上構築されたモノは、脆弱性ありてコトかな。

f:id:minminzemi81:20170611065051j:image
ぱっか~ん!と割れたレンガ要塞、見事な廃墟美だろう。絡み付く蔦と黒松の影絵がクッキリ、何とも良い塩梅の構図で。

夕景写真を是非撮りたいものだ。

「つはものどもが夢のあと」的な。

f:id:minminzemi81:20170611232139j:image

廃墟ファン的にはど~なんだろう?こんなの邪道ジャン!て云うのかな?

いや、これはもう廃墟越えてもう何かの遺跡だなぁ。もう軽く百年は経っている訳で、何とも凄い建造物です。

タイトル「古代遺跡、滅びの美学」てね。

f:id:minminzemi81:20170611065229j:image
中を覗いて見ると…向こうに海が見えました。漁船通過のところを、撮ろうとしたらハレーションして、上手く行かなかった。

崩れ方はまぁ、見るからに危険だな。ヤバさプンプン。

当然内部、立ち入り禁止↓だ!

f:id:minminzemi81:20170611065342j:image

剥き出しになった砲座跡。もし、艦隊と戦闘になったら艦戦はジグザグ動くが、陸の砲座は固定だろ。そしたら艦砲で完璧ボッコボコに、逝かれるんじゃないかな。

戦闘が無くて本当、良かったと想う。もしもドンパチ↓やったならの図。

f:id:minminzemi81:20170611065625j:image

南側の丘の上に登る。第二砲台跡が一望出来、眺めが一番いい。

写真撮影にこの場所を↓お薦めします。

バックに蒼い空と海、行交う白い漁船。赤いレンガの要塞、濃緑の黒松などのコントラストが、美しい絵画を構成する。
f:id:minminzemi81:20170611070942j:image
よし、次はいよいよ友ヶ島燈台の攻略だゼッ!!

 

(更に第六弾へ、まだまだ続く)

🎁[特別付録]声に出して言ってみたい和歌山弁講座

「おン、あげるわ!」「おン、食べるぅ?」

小さな子供に(お使いした時等)駄菓子を渡しながらいう言葉。語源は“お駄賃”からか?此処和歌山には、古代からの古語が封印されている。

ジモティが友ヶ島(沖ノ島)からお伝えします。“ラピュタ隊”の揚陸する日がっ…?加太港から、旅立つぞ!!

友ヶ島、連続ほんまかいなストーリー 第四弾

[壱]春だぁ…いやいやもう、これは小夏日和?!

※小夏日和はネト用語、こんな言葉はない。でもあっても良いんじゃないかな。“梅雨の合間の小夏日和”

 

時は五月二十七日。

 

待てば海路の日和あり的な☀︎ピーカン!! 海は凪いでいる。九時前に渡船乗り場に、何とか到着しましたよ。

 

桟橋には既に百人以上は、いただろうか?

 

あぁ、これは一便無理かなぁ。取り敢えず並ぶ。後からまだ来る、まだ来る、行列が出来てゆく。

f:id:minminzemi81:20170609200415j:image

渡船乗り場は加太大橋の下の所にある。

 

初めて来る人は、たいてい行き過ぎたり、曲がりそこねたり、加太ラビリンスに、手痛い目にあわされる。(らしいです)

 

朝から夏の様な陽射しがっ。写真撮影には、まぁキツい条件だな、これは…。

f:id:minminzemi81:20170609193114j:image

桟橋に我々を乗せる船↑が、停泊しているぞっと。船名は何と「ラピュタ何か調子ぶっこいてる感じがして、笑えて良いよね!! 

三隻目導入のあかつきには、船名は「第三共栄丸」と、して欲しいものだ。

 

友ヶ島汽船は、通常運行の場合、朝は九時発が一便。それ逃すと十一時迄無いので、二時間のロス大変だっ…!

 

でも、大丈夫。今日は友ヶ島灯台一般公開のイベントディ、増便があるのは知っていたのだ。慌てない、あわてない。一休み、ひとやすみ。

 

我々攻略部隊はチケット売り場のオバチャンから“整理券”と“友ヶ島パンフレット”をチャチャと貰い桟橋横の“海上カフェ”へ入った。

シーサイドどころでは無いぞ。完全海上喫茶なのだ!! Sea-viewに席がある。

メニューは…多分、無い。

 

無駄にデカい“ぱずー隊員”が海を見詰めているぞ↓の図。

f:id:minminzemi81:20170610154657j:image

一点推し本格珈琲二百円の貼り紙がある。本格かぁ。呑んでみるか。

 

「おばチャン~、本格コーヒねっ!」

 

「何時の便な…?」

 

「九時半かなぁ」

「四十秒で支度しな」(←コラコラ)

 

アレレ? 他の観光客の皆さんは、生真面目に並んでらっしゃる。いゃ、そのために整理券があるはずなのだが。

 

友ヶ島のパンフレットを眺めていたが、みょ~に、表紙が白くなった。そして「トモガシカ」が、居なくなっているではないか! なんて事!!

弾薬庫のボディに、鹿のあたまに灯台を載せ魔改造された“トモガシカ”…あらあら、引退か?

お気に入りキャラだったのに。いったい何があったのか?

 

「僕を使わないとダメだトモ!!」

 

昔からよく云われている、旅客運賃の“片道1000円切符の謎”があるのだ。

「片道切符で無人島に渡った方の、その後の“身の振り方”を知りたいものだっ」wてな話。

とりあえずの答えは、知ってはいるのだが。

謎は謎のママの方が、いいこともあるよねェ。

 

 

サイフォンが、コポポッコポポッと音をたてている。

う~ん、コスパいいなぁ。☕

 

「えっ、味?そりゃアンタ、例えば”にしむら珈琲”が一杯約千円前後だろ?」

 

「この“On the see cafe”が一杯二百円。」

 

 五対壱の比率

 

この比率を味覚変換するとね。五倍美味い珈琲なんか、この世に存在するわけ無いよ。だからコスパいいねェ!な味だった。てな訳で。(←それが普段Nescafe呑んでるヤツの云うことかっ!!)

 

[弐]09,30ラピュタ起動!! 目標友ヶ島!!

f:id:minminzemi81:20170610154332j:image

レトロな看板にウエルカムされて。

さぁ、船に乗り込むか。片道約二十分の船旅だ。

 

ラピュタの飛行石(エンジン)が動く。

そして、離岸する。

 

船旅は何か、ワクワク♪するよな。

 

酔う人にとっては、地獄的な乗物かもしれぬが。

アドバイスすると、なるべくキャビンに入りたい。そして出来れば、席は船の真ん中辺りの席に座るべし!揺れが少ない。

間違っても船のオープンデッキ、更に後方はダメですよ。エンジン音、排ガスの臭い、潮もかぶる可能性がある。
f:id:minminzemi81:20170609203240j:image

この時、頭の中では何故か宇宙戦艦ヤマトが流れていた…

 

「♪さらばぁ 加太よぉ~ 旅立つ船はぁ~ タダのぉ~ボロ船 ラピュタ!! ♪」

 

歌詞はお馬鹿だが。

 

ホントにかなり旧い船なのだ。

 

スグに加太の大波止が見えてきた。釣り人憧れの聖地。波止釣り界のラスボスだなっ。w

今日は釣り人が、あんま居ないなぁ。

 

「ハハ・・・見ろ! ヒトがアリのようだ」(←アリって)

f:id:minminzemi81:20170609203328j:image

船はグングンスピードを上げる。加太の大波止を過ぎると、海の様子が変わる。白い波飛沫が舞い上がる。

 

やがて虎島が見えて来た。

f:id:minminzemi81:20170621221711j:image

断崖絶壁!!修験道の島、役行者が修行したと、謂われている一の行場だ。

今でも行者講の方々が、春先に修行に来ると言う。観念窟、序品窟、五所の額が、ある。

スラッシュな地層が凄まじい観景だ。

 

ちなみに、一般に膾炙(かいしゃ)している“友ヶ島”という島は、存在はしない。一説によると“苫(とま)の島”が訛って、友ヶ島になったらしいのだ。

じゃ、何故“苫の島”とよばれたのか?

神功皇后新羅出兵の帰路、嵐に遭い困難をきわめた。船にあった苫を海に流し、その後を追わせたのだ。流れ着いた場所が今の沖ノ島(神島)だった、と謂われている。

沖ノ島、神島、虎島地ノ島、四島まるっと併せ、友ヶ島と呼ぶ。軍事要塞島なので戦後まで、地図にすら明記され無かった歴史を持つ。

日本の嶋の始まりは「淡島」でも流されてノーカンに。次に産まれたのが「淡路島」その次が「四国」島となる。全ては“南海道から日本が始まった”と古事記は島歴史を記している。云わばこの辺りが日本の始まりの場所になる。

何があったんだ?!古代に…。

 

様々な伝承を持つ謎の無人島「友ヶ島!!」なんかいいねェ~。ドキドキ!!

 

この航路の右方に“地ノ島が浮ぶ。

 

沖ノ島とほぼ同等のサイズ、国有地で上陸禁止らしい。しかし、それ以外情報が、まるで無い。

「それ、な~んでか??」

今の情報化時代、しかも京阪神がスグそこの場所にある島、なのに不気味すぎるぞっ!!

 

実に“怪しい”ですなぁ。何かあるぞ!

 

敗戦前、何かヤバイもんでも埋めたんじゃないの?○○兵器の処分のために、慌ててチョメチョメしたとかね。マジヤバいよぉ~。

たしか何かのお宝伝説も、あったしね…海賊「旋風剛右衛門」や「日本陸軍」とかの、埋蔵金隠匿物資話なんかねェ。かなり眉唾物話多かれども、可能性はゼロではないからね…夢は、大事だよっ!!

“パイレーツ・オブ・トモガシマ”(←コレコレ)

脳内MPに「He's a pirate」が流れ出した♪

 

「野郎共、スパロー船長と呼びなっ!!」

 

黄金伝説て、やつなのかなぁ。“黄金伝説”と言えば、濱口有野“よゐこ”の二人。是非沖ノ島の伝説を、解明して欲しいぞっ!

 

中の瀬戸を更に北側に廻った所、九時発の“友ヶ島丸”とスレ違う。複雑な海流が渦を巻いている。この加太、友ヶ島一帯は、加太漁協の漁業権が設定されており、プレジャーボートとのトラブルが絶えないと聴く。

自分の職場に珍船が我が物顔で、混ざり込んで来たらね、腹立てるのも分かるなぁ。

f:id:minminzemi81:20170609225755j:image

ようやく野奈浦桟橋が見えて来た。

 

航路左側に“神島”が浮かぶ

 

おっぱいの様に、いや妊婦さんのお腹?みたいに丸く膨れた感じが象徴的。淡島神社があった島だ。文字通り“神の島”なので上陸禁止となっている。

何があるのか知りたいよなあ。古い遺構と遺物があるのは、確かなのだが…。

更に、ここの北の海域には「沖ノ島北方遺跡」なるものが海中にある。古い中国船の残骸?が沈んでいるとか。漁船の地引き網に、中国産の青磁器(碗や香炉)がたまに上がるらしい。

更に“謎の沈船”も沈んでいるとか?実に興味深いが、トレジャーは簡単ではないだろう。

しかし、ホント謎だらけだな“友ヶ島はなぁ!!

f:id:minminzemi81:20170609233414j:image

おっと、船は逆回転入り、舳先を桟橋にあわせる。

 

「よう~そろう。」

 

船は呆気なく“沖ノ島に接岸した。

 

さて、いよいよ“ラピュタ部隊”が上陸するのだ!!

 

(冒険が始まる!のだ、第GO弾へ)

🎁[特別付録]冒険には地図は必須アイテムだし!

ぱずー隊員が何処ぞから手に入れた「友ヶ島ラピュタ」の地図ナノだ↓しかし、アバウト過ぎて良く分からん!注目すべきは野奈浦桟橋に降ってくる、女の子の図だ。イリュージョンなのか!?

f:id:minminzemi81:20170702055130j:image

友ヶ島汽船の波止場の片隅にて。大体何でリアルタイムに、書けないのだっ💢この→“?アプリ”はっ!!

友ヶ島、連続ほんまかいなストーリー 第散弾

でも番外カモ編

[中入] 難行苦行してしまふ! 嗚呼、何故。“?ブログ”とは辛い…NO!

 

何日も前から、何度も難度も書いては落ちる。

 

写真をうpしてはフリーズ

 

送信したらキャンセルされる💢。

 

使えねえぜぇ、このエンピツはよ。

 

こんなの、マジかよっ!

 

先輩ハテナゆ~ざの皆様は、こんなヒデブ(←どいぇこのろぐ)環境でカキコしてらっしゃるのかいな?

 

何か偉いねェ。M子さんだねェ。

 

尊敬しちゃいますわ♡

 

あらあらかしこ。

 

こちとら、思考しながら”ぺぺぺッ!”とパチスロ連打してしまいたいのに、イチイチ作業中断、思考も中断。早くもモチベダウン⤵心が折れた。止めたくなるぜ!!まったく、まったくうぅ~。

 

「でも、やめな~い」

「やめヘンの、かぁ~い」

 

禁煙は三日目位が一番辛いと、聞く。ブログだって同じだろ!何の根拠も無いけれど。

更新三日坊主とかね。なるよねェ。「そんなコトだから駄目なんだよなぁ~」の声が聴こえてきそうだなっ。

実は何か「?」に書かねばと考えていて、はたと思う疑問があったのだった。

 

「う~むゅ、そうだ。そもそもブログてな、ど~ゆ〜意味なんだ?」と、ぱずー隊員に聞いた。

「えっ?!…日記かなぁ?」←(ならdiaryだろ!)

 「ログは分かる、カタログの“ログ”だろ。問題なのは“Bu”だっ!“ぶっ”とは何なんだ?」

「ぶ…ブサイク…とか?」

「不細工なlogか…う~ん、そうかもなぁ~。凡人が書くものなんて不細工に決まってるし…説得力あるぞ!!」

 

冷やし中華どころか…

「不細工な記録」始め~ました!!

 

閑話休題

 

After rain comes sunshine. …☀︎…

f:id:minminzemi81:20170613082523j:image

[零]日々是好日…処々

 

 

友ヶ島に渡る前日、五月二十六日(金曜日)のことだ。

 

 

実は加太の渡船乗り場迄、ブラブラ下見に行った。いや、目的は別にはあったのだが。

 

 

その途中、小島一商店さんの復活エリクサーとの呼び声高い“蓬餅”を購入した。六百円也。

それがコレ↓なのだが。

f:id:minminzemi81:20170609165341j:image

コレをプラプラ下げて、加太漁港の中波止で喰っちゃおう♪と、考えたのだ。

 

 

すると、🚨赤灯台の先に人影が! 普段釣り人がまず居ない場所で、やってらっしゃるのである。

 

 

「ほっほ~う、大波止では無くわざわざ此処で、やりますか」只者ではないな。

 

 

その方は奈良からいらっしゃった方で、朝から友ヶ島に渡ったと云う。

 

 

そしてガシガシ各砲台を巡ったと言う。

 

 

第三砲台辺りでフラフラになったので、昼便で帰ってきたらしい。軽く脱水症状だったのかも知れない。真夏のような日だったからね。

 

 

四方山話をした。

 

 

その間にも客をミチミチ満載した渡船↓が帰って来る。明日はあのゾーラの船に乗るのだなぁ。

f:id:minminzemi81:20170609172034j:image

復活エリクサーの蓬餅を勧めた。

 

「疲れた時は甘い物!」お婆ちゃんの教えなのだ。

 

加太の夕陽の美しさを伝えると、最近カメラを始めたと云う。カメラを持って来て、しばしカメラ談義。

 

しかし、他の人が見たら爆笑だろね。

波止場の先っちょで、お互い名前も知らない「和歌山代表」「奈良代表」オッサン二人

釣りしながらカメラ片手に、蓬餅まで喰って…いったい何のオフ会なんだよっ!!w

 

先日は「モネの池」に迄行ってきたと云う。写真を見せて貰ったが「何だ、コリャ!!」である。浮ぶ蓮の花、泳ぐ錦鯉、ありえない水の透明度…CG合成にしか、見えないではないかッ!

 

 

さて、加太の夕陽。四国の山々に雲が厚く、今日はイマイチなのかも知れない。

 

 

暫くして、日が傾きだす。

 

 

太陽が水平線の辺り迄きた頃、奇跡!がおこった。神々の降臨↓時系列に並べると。

 

雲の切れ間から光線が刺す。海からは水煙のようなものが上がる。(画像は技とunderに撮影しています)

f:id:minminzemi81:20170609174053j:image

 

 

さらに角度を落とす太陽さん。海面が金色に照り輝く。

f:id:minminzemi81:20170609173912j:image

 

「びっか~ん!!」

見事な閃光を放ったのだっ!!おぉーΣ(゚ロ゚;)ง

f:id:minminzemi81:20170609174314j:image

 

しい、実に綺麗だ!!

後光がさすとはこの事だ!

f:id:minminzemi81:20170616213025j:image

 

心訓「ものごとはハートで見なくちゃいけない」 

by星の王子様(←何でサン・テグジュペリなんだ?…SUNだけにィ。いよいよ冒険パートの第四弾へ)

🎁[特別付録]加太で観光客に“大人気アイテム”は加太産ではない!!カモよっ話

観光客が行きたがる加太スポット→「友ヶ島」や「満幸商店」と「淡島神社」とかは、マスゴミ(ホントゴミな奴らだ…)が手垢で染めまくった様な場所だ。でも、それは仕方が無い。

皆が行く場所に行きたい訳で、皆が買うものが欲しいのが、観光客てものだから。「Repeat After the mass media」ただ、間違った情報拡散させる奴らが多すぎる。その一例↓

 

○大人気加太みやげ「友ヶ島海苔

[真実]加太では海苔採れません!→“有明産の海苔”なのです。だから、超美味しいのです♪

○満幸名物定番「山盛りしらす丼

[真実]加太ではシラス漁はやっていません!→お隣りの“西脇産その他”デス!品質は勿論最高♪

 

満幸商店のおばちゃんが、嘆いていたからね。

「うちの名物は淡島丼やっ!!」

それで一体、会議は躍ったのか?どーなんだよっ! そこん所は…ラピュタ?なんだ、友ヶ島かよ?!ラジャー!

友ヶ島、連続ほんまかいなストーリー 第二弾

怖い事に、まだプロローグですw

[序二段] 行楽地いやいや、攻略地決定!!宮崎作品世界が空から降りて来たって、ホンマかぁ?!

 

「え~それでは、ケツを撮ります!!」

「え~っ、いゃ~ん♡このプリをっ??」

 

「違うのだ。多数決を、だっ!!」

「えぇ、多数のまでかっ!!」∥乁( ̄Д ̄)厂アゲ

 

…会議はサクサクッと進むのであった!!

 

結局の処、場所は最近みょ~に人気が沸騰している観光地友ヶ島と、なった٩(´⌒`)乙!

f:id:minminzemi81:20170710120255j:image

話を聞くとSNS上には「島、行ってきまぁ~したぁ♡」と“カキコするのが、ステータス”となっているらしい。友ヶ島日帰り可能な無人島だし、お手軽感ハイハ~イ♪「ワタシ、島が~るなのよ♡ウフッ」な~るほどね。成程。

 

いよいよ俺も“意識高いんけェ~?”の仲間入り、てか。んで「イイね👍✨GET!」てね…。

 

一瞬「スタバで脚組んで“虫食い林檎のパソコン”を前にドヤ顔、シャカシャカ指を滑らす自分の姿」が、見えたのだった。(Mac持ってないけど…)

 

ん?…いやいやチョット待てよォ。ワシらがそんな所へ行ってウロウロ、更にはブログにゴシャゴシャと、何か下らねェ~コト(多分)書くのかい…?

コレはやっぱ、ハードルが高い!

メチャ恥ずいわ!!

 

目の前のポン太が「為せば成る。成さねば成らぬ、なにぬねの…」と、言いやがる。

 

「よし、友ヶ島なら楽勝だろ…多分なっ!!友ヶ島巡りのコンシェルジュとなろうではないかっ!!」(←何言ってるの!マジ?)

f:id:minminzemi81:20170609140047j:image

コレが↑我々が夢想した“友ヶ島想像図”て…そのもの写真じゃろ?コレ。海に浮ぶ、山だね。

 

♪あの地平線~輝くのはぁ~どこかにィ君を隠してェ…ナンチャラ~♪(←知らんのかい!)

 

友ヶ島」←名前どうりに友情やら愛情やらが、深まりそうだっ。

 

 遺跡探検! 砲台巡りは攻略しがい、バリバリありそう、ぞっ!! イイね。

 

え~い、控えおろう“アニオタ聖地ラピュタ”様↓だぞっ! 頭が高い、頭が高い~位置からなのかな?この写真は。

f:id:minminzemi81:20170609143319j:image

此処は今やラピュタ教の神殿”その聖地なのだっ!!たぶん…そうだろ?

パンフとか宣材写真に、よく使われているしな。しかし、何となく間違っているかもしれぬが…。

 

天空の城ラピュタと云えば、宮崎アニメの第一作(正確には、ジブリでの一発目!1986年)。

今の若い人はリアルでは、知らないだろうにな。コスプレするのかぁ。そうだそうだ、あぁ思い出すよぉ~、昭和の終わりあたりのバブリってた頃だなぁ。リアルで観たよ劇場で。

ラピュタは自分の中では、一番好きな作品だ。何度観ても満足出来るからね。天才宮崎監督が個人的にやりたかった事を、乾坤一擲(社運を賭けて?)全部ぶち撒けた作品、だと思う。なんか「カリオストロの城」の作品世界と沢山共通していて、ジブリ風に焼き直し(伝えたかったコンセプトを)注入したら「ラピュタ」になっちゃったっ!て、ことかしらん?

まぁその後のジブリ作品の方法論も決定ずけたし、実に興味深い作品だよ。

今でもテレビオンエアすれば、確実に数字が獲れる息の長い“オバケ作品”となっている。そん時に「バルス祭り」やってるしなぁ。皆に愛されているんだなっ!

でも映画公開時には評価も興行的にも“イマイチ”だったみたいだが。そんな感じ。

 

隊員情報によると友ヶ島燈台一般公開!てなイベントもあるぞ。

ほっほ~う。毎年、春秋に開催するらしい。

春は、五月二十七日(土曜日)とな、コリだ。

日時も決まったぁ!!

 

メリットは、渡船賃往復二千円の処、二割引の何と千六百円にィ! お得でっせぇ、お客さん!!(例えば、お三人さん会計が通常価格¥6,000の処、今なら何とっ、驚きの¥4,800え~ん!お値打価格でのご提供!金利手数料いっさい無料…。)

 

この企画は「清く、乏しく、朗らかに」をモットーにする我々パーティにピッタリだろうよ。

 

よしこうなったら、我々の友ヶ島攻略部隊名をラピュタとしようぢゃあないか。どよ?

 

「うわ、ダサっ…まんまやしィ~!」と、うしのシータ隊員(←勝手に名前付けた)

アニオタやぁ~しかも、昭和臭⤵︎」と、ぱずー隊員(←勝手に名前付けた)

「うっさいわっ!!」と、わたしこと隊長。(←勝手に就任した)

 

しかしィよぉく考えて見ると、にわか隊長こと二号雷鳥(ハンドルネーム)の使用機材は、チャリコ🚴💨デフォなので加太の渡船迄、爆走せねばならない。

 

渡船一便が九時発なのだ。

 

さらに、最近の無駄に人気↑age↑ぶりを考えると傾向と対策的に…現地八時かぁ…いやいや、半着かな…?

昨日聴いた話では、平日にもかかわらず客満杯だったらしいしなぁ。何か辛くなくないィ⤴︎?(←JK風で言ってみた)

 

「う~む。早起きは辛い😖ว💫からのぉ~。」

 

まぁ、端から増便狙いでいくか。予想では朝からピストン輸送するハズだ。その為にあの二隻(ともがしまとラピュタ)あるんだろ?

 

飲み物、弁当は、早朝のローソンでピックアップだっ!ホントなら定番「手作りデカお握り」と、いきたい所なれど、諸般の事情あるしなっ。

 

あと、おやつは三百円迄だなっ!!

ご安全に! よし!!👈

f:id:minminzemi81:20170609152457j:image

我が家の輜重隊(しちょうたい)と呼ばれている、このローソン↑で“お握り弁当”と復活“エリクサー”を、手に入れる予定だっ。

 

さぁ用意、よういィ~。

ナイフ(←何に使うんや?)

ランプ(←懐中電灯やろ!)

かば~んに、詰め込んでェ~♪ 

 

 (次回第散弾、友ヶ島の旅かも…カモって)

🎁[特別付録]声に出して言ってみたい和歌山弁講座

イチ推しは…「おマンこっちおいなぁよぅ」である。ネイティブはもっちゃりと発音する。

意味は「あなたこちらへ来ませんか?」デス。是非、関東方面に拡散希望デスねェ。

春の遠足は何処に行こうかなっ?と。お出掛け作戦会議だっ。タスク01発動!!ブログ初号機、発進!…あれっ?

このお話は、とある家族がいかにして友ヶ島に至り、ドタバタ冒険(?)旅して来たのかを綴った、“連続ほんまかいなストーリー”第一弾なのである。

まあそのプロローグ編です。

🌷[序]「だし、だし、どっか遊びに行こうではないかっ! 」と私は云った。

 

コンセプトは「安くて、早くて、プチ満足♡」というどっかの牛丼屋のキャッチみたいな、何とも小市民丸出しの考え方なのだな。
f:id:minminzemi81:20170609111920j:image

作戦会議の場所は雷鳥秘密基地」にて。

 

昨年秋よりグーグル先生開催のGoogle Mapの“ローカルガイド”なるものを、思い付きで始めてですね、スマホでぱかぱかっ!と近所をネタに、お笑い記事を書きまくっていたらアンタ、半年程で、あっという間に“レベル7”に!!達しちゃって(コレが何を意味するのか、今だに分かってないが…)何だか結構、調子ずいちゃってんじゃナイのぉ、今日この頃のワ・タ・シてばよ。やるじゃねーかっ!

 

んで、自分の投稿をツラツラ読み返すと、コレって変なブログ化してないかい?

変なブログ?

変なブログて…?

そうです、変態記事が満載と巷で噂の…アレ!

 

変なブログなら→“ハテナブログ”だろっ、ろっ、っ…(←エコー)

 

いみじくも此処に、ブログ展開を開始したのであったのだよ、春のよき日に! パチパチ!

 

「ど~よ、ど~よ、ど~ナノよっ!!」

 

偉いねェ、よく決断した!そんなに向ってブツブツ呟くようなコトをねェ。アンタ昔からそんなとこあった。仕事中に何か、ブツブツ。ゴルフやっても、ブツブツやってたもんなぁ…。

f:id:minminzemi81:20170723064740j:image

しばし、腕組みし、外を眺める…。

(庭先の屋根の上、空にポッカリ浮ぶ雲が流れる、午後三時の風景がそこにあった)

 

「そ~か、そうだったのかぁ、俺てなぁ…」

 

 ☁  ☁  ☁     ☁  

 

 あぁ、遠足の場所決めの話、なんだったっけ。

 

 リストアップした案件は…二つある。

 

奈良斑鳩近鉄ワンディチケット」使い倒して、グルグルグーグル、古都奈良寺社仏閣を巡る旅案 が、一つ。

桜のハイシーズンを避けて、梅雨前の頃合いを見計らったら良いかな、と。上手く計算すれば、法隆寺東大寺を日帰りで回る事も可能だな。移動がハードだけれども。

※ワンディチケットとは、近畿各私鉄が、連絡切符を作りエリア内で乗り放題、途中下車OK!と言う“青春18切符”近畿私鉄版みたいな感じ。

 

和歌山高野山「南海天空」に乗り、新緑の高野山伽藍巡りでもしてみますかねぇ、山の緑にほ~法華きょ案が、二つ目だ。

言わずと知れた、高野山。山の上に聖地伽藍があるイメージが素敵だな。近年、やたら外人客が訳もわからず、ワンサカ押し寄せて来るらしい。(←コレは何か、ヤダなぁ。)

外人SAY「ZENノ、ココロ、デスネ~!」(←んなら、禅寺に行けっつーねん!!)

 

しかし、ねぇ。考えて見なされ、この企画“若さが無い”よぉ。何か町内会の「老人バスツアー」みたいだよ。もう少し、に向かおうよ。もかこうよぉ。

 

なるほど、成程。 かも知れぬ。

 

「若いね~ちゃんが、フラフラとうろついている場所を!! 」との某隊員から珍しく熱い意見もあり、会議は振り出しに。

 

 

ほう、若いネーチャンかね?

 

 

んで、フラフラとなっ??

 

 

なら「居酒屋コンパ!?」←コレコレ!!乁( ˙ ω˙乁)彡

 

 

即時、却下されたのだった。  

 

 

 (後半に続く…第二弾へ)

🎁[特別付録]別に知りたくも無い、プチ和歌山人情報!

和歌山市民の大好きな食材→ケチャップ」

和歌山市民の大嫌いな食材→「ナットウ」

どちらも日本一!! 何だろねコレは…