文化祭模擬店について。一番のキモは“食べ物”なのか?あれっ?!イヤイヤ~なんか違う、なんか…其ノ四

今時“コンビニですら置いてあるもの”を、文化祭模擬店で再現(正確にはさらに、クオリティ⤵︎)させる→٩( ゚∀ ゚)وya~♪お間抜け野郎!なんて、ねェ。俺の事かよっ!!

 

「②ドーナツ屋」丸い?キ○タマドーナツ編

 

ずっと付きまとう違和感の正体は、我々が造ろうとしているモノにある!きっとそうだ。

焼き鳥にしても、ドーナツにしても、勿論ドリンクにしても今時「普通にコンビニで売っている」ので、目新しさは全く無い!

むしろ文化祭的には、かなり恥ずい!コトよなぁ。→ありネタ鉄板デフォ?!誰が決めたのか??

 

そんなモノをわざわざ文化祭で、再現して販売して、今更ねェ?!さんざ苦労したあげく→「あ~はいはい。ありネタねェ…まっ、三点か」なんて酷評され(恐っろしいコトに、採点されるのだ)かねないな。実にガックシ⤵︎なハナシだよな。

…んでもって、よりによって「ドーナツ」かよ。クラスの女史がガチ推し!👊して決まってしまった経緯があるのだが…多分そのイメージはミスドのアレかな?→「金○ドーナツ」な。“ビッツ”だか“ビッチ”だか、言うやつだろ?!

 

んでもってクラスの女史「ポンタ」さんが出し物ニ番手の「○玉ドーナツ」担当なので、彼女が作ってきたモノを食べてみる。ポンタさんも試作係なのである。

(悪いが…ウマくない…圧倒的に…上手くないちゅーか“マジ勘弁”な、味だなっ。)

ホットケーキミックスをベースに作ったらしいが、如何にもJKぽい発想だな。しかし…

 

「ドーナツの素、で作ったらど~なっつ?」

「ソレやったら、美味しく無いのよっ!」

「イヤイヤ、そんな訳ないやろっ!?」

 

さらに「変なソースを、かけた~いの♪」との希望らしい。イチゴ、チョコとかソースの類を、かけて食べてけろ!とポンタSAY。

うわ~マジか!甘いだけだ。

きっと彼女達がやりたいのは、ファミレスのスイーツきっとこんなの↓だろっ…?!

かーいーすいーつ🍩な!!

f:id:minminzemi81:20170810033322j:image

判るけどもさ… 

「悪いが、ミスドの足元にも及ばないぞ…ハナから分かっていたが、いろんな意味でこりゃ、マズイ!!」

しかし、ど~したもんじゃろのう~??

勿論ドーナツ業界トップランカーの“ミスド・クオリティ”を、期待する事が間違っているのだが。

口がすでにそうなっているのだ!多分誰もがあの味、あの食感を、求めてしまうのヤムなしではないかな…?ヤバイ…。

 

う~ん、ボヤいていても仕方がない。なんか自作やってみっかな。家に帰り、スタンバイOK!

 

どざえもんなんとかしてぐで玉子」byNO~び太

 

パパパパ~ン♪「どこでも~タコ焼き機!!」↓登場!

f:id:minminzemi81:20170803020132j:image
コレで何をするのか?“鈴焼き”てなもんを作って見るべえ!ですよ。リファインするとですよ!

 

揚げずに“○玉ドーナツ”にチャレンジさっ!

 

残念ながら家には“ホットケーキミックス”しかない。「日清のホットケーキミックス極もち国内麦小麦粉100%使用」←この製品は何と!あの有名な“ゆめちから入”というなんか凄技商品??だっ。多分な。

何でもモチモチさせることが流行っているらしいからね。これ使うよ。(←さっきまでインスタント粉、非難してたヤロ)

 

タコ焼き焼く要領でクルクルと…何か焦げ過ぎな感じだが…簡単カンタン!でけたっ!!

f:id:minminzemi81:20170803022413j:image
蜜かけて、さらにチョコジャムつける。

食べるぞ!

「う~ん…ずいまっ(>︿<。)و何だこりゃ、べちょモソ」

予想外の惨状に早くもモチベだぁうん⤵︎した…丸い似非ホットケーキ??

 

「すまなかったポンタ!あとは全て任せたぞっ!!我が屍を乗越えて行ってくれ…」。。。_| ̄|○ガクツ!

 

夏のクソ暑い部屋の中で、一人うな垂れる高校生がいた…。て言うか、それは僕だった。

(次回、其ノ伍ニ続ク…)

文化祭模擬店の鉄板出し物は、お好み、焼そば、鉄板焼きでは無いのだ!お手軽液体系ナノだぞッ!!…其ノ参

「百聞は一見に如かず!」と言う。百回も聴く気ィ?!

「③ドリンク・カフェ」 フロートジュース三種編

さぁ、“ジュースフロート”なるものを作ってみよう。ローソンから「果汁100%オレンジ、アップル」と「スーパーカップ超バニラ」をゲッツ!

f:id:minminzemi81:20170727054444j:image

グラスに氷を入れ、ジュースを注ぎ、アイスをスプーンですくって乗せる。簡単カンタン!

 

でも出来るw

 

「さ~て、お味の方は…う~む…う?!」

 

オレンジとバニラの相性は、最悪!ハッキリ言って“ゲキまず”ダメだなぁ、コレ。

アップルとバニラのコラボは、なかなかいいぞ!美味いな。アリだなっ、コレは。

 

試作終了~…アレ?!

 

はやっ!!全国の模擬店JK共が、いわゆる“水物”やりたがるの、解る気がするな。簡単、安心、楽勝!だからなっ!でも出来るし!Ww(二回目)

 

イヤイヤだからこそ、他クラスとの差別化がいるよな。我々の文化祭出し物が、他クラスとの競合関係にある訳で。順位がつくのだ。んで、いわゆる勝ちに行く!てコトになった。

 

じゃぁ、さらにアイスにトッピングするか?

 

チョコが相性良さげだが、ジュースと喧嘩するだろ。ベースはジュースだから、先にコレを決定しないとな。ジュースの選定次第かな?

 

何ジュースが、よかですか?

 

グラスも何か見た目のアイデア、考えないとなぁ。大抵の文化祭では、プラの“検尿コップ”wだもんな。アレは、かなりマズく感じるよね。マジ勘弁だよ!

 

よし“常緑”(酒販スーパー)に行ってネタ探しに行こう。

 

コレが近所にある、普段何かとお世話になっている“常緑”↓である。

f:id:minminzemi81:20170727063016j:image

見つけたのは今流行りの、スイカジュース、メロンジュース、シャンパン風グラス(プラ×四個で100円) の三点ゲッツ。

 

ではでは~、作ってみるよ。

グラスにスイカジュースを注いでみる。ジュースは原色系の方が、見た目が良いね。綺麗だし高級感wあるよ!でもスイカジュース、味はダメだな。メロンミックスジュースは、味はイイけど色がイマイチ。

 

アイスとのマッチングの美味しさと、注いだ時の、器デザインと液体の色目。この三点を重視すべきだなっ。

三点確保!クライマーの基本だな!

f:id:minminzemi81:20170728005536j:image
ではいよいよ「本命じゃね?」と、想われるコーヒーフロートを作ってみようかな。「爽」のアイスとブラックコーヒーのコンビ!!カフェでもコーヒーフロートは定番メニューだし。抜群の安定感と想われる。

 

グラスに氷とコーヒーを注ぎアイスをON!グルグルかき回し飲む。

 

マーベラス!言う事なし、美味いなぁ!」

 

コーヒーのビター感にアイスの甘さが相まって、相思相愛の味とはこのことかっ!!てな。さらに、チョコをONすればぁエエでェないかい?

 

メニュー入り、合格!!決定!!コーヒーフロート賛
f:id:minminzemi81:20170731063000j:image
まずまずのデータがとれますたなぁ。しかし…

「金かかってしゃーないちゅーねん💢」

(次回、其ノ四へ続ク…)

文化祭とは要するに、大人の猿真似「なんちゃってごっこ遊び」でしかない?その真の意義とはっ?!…其ノ弐

ふと思う「文化祭」て、変な名前のお祭りだよね!

 

聴いた所によると、文化祭は世界で日本しかない行事らしいぞっ! さらに、運動会も外国にないらしいのだ。

外人はそのこと羨ましくて仕方無いらしいのだが。そ~か。世界に誇るべき文化なのか。

前回カキコにて、業者の“丸抱えマジ勘弁”てなこと、書きましたが…。

しかし、ねェ。現実的に考えて見れば、わずか数ヶ月…いや、夏休み終ればもう、文化祭本番なのですよ!かなり~ヤバくないか?

 

贅沢こいている場合ではないっ!!

 

怖い事に。お題目のみ決って、てんで具体的には何も進んではいない、のだった。

 

「イヤイヤそれ駄目じゃろ!」by忍野しのぶ

 

だいたい高校生にとって“文化祭”とは何だろ?まず思い浮かぶイメージは、二次元創作物(漫画、アニメ)だな。作品世界のメインモチーフに良く採用され、青春ラブコメの鉄板ネタだ。

演劇やったり、模擬店やったりが基本。

話はドタバタ~がディフォだしな、主人公達のみ都合良く、文化祭きっかけでリア充になる!!アオハルっぽいよなぁ~。

 

「心が叫びたがってるんだ!!」byコミ症♀

 はいはい。実写やて…(爆)崩壊すんぞ

 

その演し物は「お化け屋敷」とか「メイドカフェ」とかねェ。しかも何故か代々、同じ事をやりたがるから、毎年恒例ワンパターンだし、予定調和。

それが我々の「文化祭」なのかよ。

文化停滞祭り?かよっ!実写版かよ…w

 

「そんなコトで、いいんですかね~?」

 

今やろうとしていることは果たして“文化”の名に値するものなのかぁ…?(←スティーブ・ジョブズが、言いそうなセリフ)

いや、そもそも“文化”って言葉、その概念は一体何なんだろか?

曖昧でいい加減な、言葉では無かったか…??

f:id:minminzemi81:20170722021903j:image

中学、高校と毎年の学校行事として、当たり前の様に参加させられ、ムリムリやらされ感が満載で、まぁ…早い話が大人社会の猿真似(ごっこ遊び)でしか無いのである。

しかもどっかから(文句省?)の圧力の結果としたら∧(_ _)∧ ゲゲロ~P

 

「学習の一環として、文化祭するザマス!!」byPTA 

 

だからと言って。

別に嫌な訳では無いけれど「なんだかなぁ~ぁ~⤵︎」と、いった変な違和感がずっと、続いていた。

仮に猿真似こそ“文化伝達の真髄”であるならば、学校はまさに猿山であり、生徒は小猿。教師はさしずめボス猿なのだろう。

だから常日頃、下らないことに迄目くじらたてて、マウンテン繰返し「キィキィ!」喚いているのかな…?

ココは猿山学園かっ?w

嗚呼、なんか碌でもない世界観だよねェ~⤵︎

 

「はやく人間になりたい!」byベラ

 

因みに“学ぶ”の 語源は“まねぶ”から。

真似をすることから、か…だぁ~ねぇ。

 

🌠閑話休題🌙

 

蟷螂拳! シャッキーン!」by戦場ヶ原ひたぎ

 

さて「①焼き鳥」試作編始まります。

 

かなりの難物なのだ。「鶏肉を串に刺し、タレつけ焼く」何と、コレだけ。コレを料理と言ってイイのか?ドギマギする位単純で、原始的な食い物。

だがしかし。

だがぁ、シカシ~だ。美味しく出来るのか?!が勝負だろうよ、なっ。

 

「試作係様の実力を魅せてやるでいっ!!」

 

取り敢えずは、軽くテストをしてみよう。

近くのスーパー「M源」にて、鳥もも肉と砂肝、プチトマト。あと竹串を購入した。肉を適当サイズに切り、プスプス串に刺す。

サクサク、サクッと…楽勝じゃん!

f:id:minminzemi81:20170726041545j:image

やって見れば、出来ないことは無い。見た目はヨロシク無いけれど…。

焼いてみることにする。

熱源は…電気、ガス、炭が考えられる。家にはガスコンロと、IHヒーターしかない。炭焼きの実験なんかできんぞ。

取り敢えずフライパンでやってみよう。軽く焦げ目を付け、市販のタレを絡ませる。

また、少し焼く。一体どれぐらい焼けばイイのか…??

f:id:minminzemi81:20170725053614j:image

完成!さぁ、試食するべェ~。

 

「さぁ、おあがりよっ!!」by幸平創真

 

「ふんふーん。案外…旨いし。辛っい…ゾッと」 二本喰えばもう、充分な気分になる。トマトの酸味で、コレはいいかも? “野菜の挟み”もアリかな?!

山盛り↓できたぞっ!七味かけるとアクセントになり、イイな。更に辛いけども。
f:id:minminzemi81:20170726050944j:image

十数本程作ったが、本番の販売予定は300本×二日分。すると総計600本の串打ちなんて、考えられんなぁ。手作りは美味いし愉しいが、果たして誰が作業するかで必ずや、モメるだろ~なぁ…。

(次回、其ノ参ニ続ク…)

文化祭の季節ですぞっ~!!いや、文化祭の準備をする季節、なのかなぁ?!とある高校生、斯ク戦ヘリ…其ノ壱

高校ともなると文化祭は、秋の“学園の最大エベント”であり“重要関心”ごとでもある!

f:id:minminzemi81:20170722012258j:image

このお話は“学祭しか取り柄が無い”と往古より言われている、日本のとある地方の田舎高校生がいかに今年の文化祭を闘いぬいたかを、綴った「ドキュメント・リドル・ストーリー」なのである!!

 

でん、でで~ん♪

 

何からしたら、え~んですかい?文化祭の模擬店はっ?!つーか我々に出来るかぁ?

 

「困った困った、こまどり姉妹!」byポコポコヘッド

 

気ずいてみれば、既に高校三年生なのである。更に気づいてみれば、クラスの中央委員を拝命している立場だった。しまったぁ、これじゃ自動的に責任者じゃないかっ!

尚且つ、すっかり忘れていたが、嘘でも我が校は「進学校ナノである!!」たしかそうだったハズだ…確か…。

そうなのだ、本来は文化祭なんぞに、うつつを抜かしている場合では無いのであるが、トコロがどっこい、一番ヘビーである「○○模擬店」をやれいっ!!と、学校側から→三年各クラスへの“強制オーダー”だけが、端から決定していたのだ。

厭味なガッコだなぁ~ぁ~ぁ~あ?コレはホントに“何かの嫌がらせ”なのかもしれぬぞっ。

きっと、そうだ。普段ぼんやりボサーとしている生徒に「喝」を入れる、学校側の愛の鞭なのかもしれぬ。もしくは、無知の鞭?かも?!

然し、だ。クラスの面々モチベは低く、自身の問題のこと(進路など)でアップアップだ。もっともな話だよな。

 

「学級会を開催します。静粛にっ!」by老倉育

 

懐かしの係決めが始まる。小学校時代の「生き物係」を思い出した。

 

「ふ~む、ふむ。係が決まったぞ! 俺は試作係かぁ…」

 

試作係は見本品を、作るだけナノかな?模擬店と言えども“お遊び”では、無いのである。嘘でもお金のやり取りもするのだから、何となく「ヤッバイぞっ!!」なコトだけは、判るが…

 

此処でふと疑問が浮かぶ

何故か「食べ物屋台」ありきで、話が最初から進んでいる事である。別に何でもアリで、例えば“物販”でも良いはずダロ…毎年の“固定概念の刷り込み”てものがあってそのコトに何の疑問も出ないところが、怖い😱なぁ~。

 

「馬鹿は同じ事を繰り返したがるて、訳か…?」 

 

先ずは学級会の結果、クラス内での雑把な役割分担だけが、決まった。

そして次に、模擬店の出品メニューも、決まった!

 

沢山の意見から絞り、お約束の多数決により…更に…二転三転のスッタモンダの、揉めモメェ~の挙げ句↓に…この三つ。

 

①焼き鳥屋(手作りor冷凍品で?)

②ドーナツ屋(丸い?ドーナツとか)

③ドリンクカフェ(ドリンク三種ぐらい)

 

…以上の三種類を、出す事になった。

 

クラスで三品も…出品するのかぁぁぁ…?

リスクも三倍になるぞぉい~なぁ。

てかホント、出来るのかぁ~?ぁ?

 

何か有り得ない事態が、出来(しゅったい)してないかぁ…コレはっ!!無責任な奴らが面白半分で賛成した結果だよなぁ…。

 

多分、ろくに料理すら創ったことすら無い奴等なのだぞ。

「得意料理は、目玉焼き♡」なんて平気で抜かす奴らぞ。

文化祭に対する“クラスのモチベ”だって今のトコロ超低い。

海抜三メートル位しかない。津波が来たらお終いだ…。(←津波てなんだ、その例え)

 

なのに…“掟破りの三品”やるのかぁ~ぁ~。

すでに“しくじりフラグ”勃ちまくりよなっ、乙! ヤバいよヤバいよぉ~!!

 

他所のクラスをリサーチすると、メイン+ドリンクの二点で目一杯!

更に“モメに揉め続けている有様”というのだ。

 

「どうしたもんじゃろのう~?」byとと姉ちゃん

 

取り敢えずネト情報を、検索してみっかな。

 

「あっ!あぁ?あららぁ~、何なのだこれはっ!?」

 

業者の情報で、溢れておりまするなぁ~!

イヤハヤ~

 

[文化祭模擬店までコンビニエンス産業と化している]

 

金さえ払えば食材から什器、経営のノウハウ迄パックされ販売されているのだが。

しかも“焼き鳥模擬店専門のレンタル業者”まで、あるではないかっ!…マジか、しかも通販対応でコチラはネト発注するだけとは、コレは楽珍パックだよなぁ。

 

全国の高校生はこんな所に、発注しているのか?う~みゅ~?まさかな?

 

しかし、我々の条件にはハナから“業者発注出来る予算”そのものが、あらしまへん!

「事前にチケット下級生に売り付けて(買上げて頂き)何とか“どがちゃが”しろっ!!」てな“ご無体な錬金術”の条件付きやしてのう。

 

さらにネト情報だが。気持ち悪いぞこの取り込まれ感は…なんか嫌だっ!!丸抱えしてもらって、何のための文化祭なのか?!

 

つーか、予算すら立てることも不能とは我々、どーすんだよォ、オイッ!!

(次回、其ノ弐ニ続ク)

友ヶ島(沖ノ島)の歩き方「人間達は、自分たちが何を探しているか解っていない」byサン・テグジュペリ

ヒトはとかく“何か”を求め「旅」に出たがるもの。

つまんない日常を飛び出し、非日常に我が身を置いてみる。そして未知の土地を、ひたすら尋ね歩く。あげくヘトヘトと、なる。

そして求める“何か”は発見するのだが「謎」は読み解けないまま「トホホ気分」で旅を終えるのが常だ。

 

それでイィのだ。

 

なのでまたも“新たなる旅”に出る訳なのだね。いやはや、何やってんだかね。

世の中には「自分探しの旅?」に出るヤツ迄いるらしいが。オイオイ、旅なんかで自分を探して、ド~すんだい??

 

それでもイィのだ!

 

Let's go easy!!

 

友ヶ島、連続ほんまかいなストーリー 第充弾 最終章 オーラス!

「人生は旅だもんね。」と、芭蕉さんが言ったとか…マジか?

f:id:minminzemi81:20170625010141j:image

スタンド使い”の攻撃をからくも回避した我々ラピュタ隊だったが、まさか足を狙って来るとは予想も出来なかった。

ジョセフ(自分の事だが)は、素早く紫のトゲトゲなナンチャラを放った!!(←知らんのか~い!)

敵のスタンドは「ダル」だったのだ!

あの“南方熊楠翁”が熊野の山中で取り憑かれた怪異なのであった。

 

イタいやつ↑だ」棘ダケに…ドタドタ…Get back!

 

さっきの三叉路まで、戻ってきたな。

迷うこと無く直進し、降り道へ。

後はただ下り道が続くのみ。

 

「!」

 

十年程前、ボランティア活動友ヶ島に来たことを、思い出した。(実は子供の頃から、何度も友ヶ島には来ているのだ。)

確か…その時は道の脇にある立木に木の名前を書いてある、木札を黙々と取り付けていく作業だったなぁ。

 

少し立ち止まる。木々を確かめて見るとまだ“木札”が掛かってあった。過去の爪痕の発見だ。既に煤けて役目を果たせなくなっていたが、なんだかチョット嬉しいね。

すぐにあの頃の思い出が蘇るからね…。

 

[拾参]闘い彷徨い続けたアキレス、確かな休息の場所へ。(或いは友ヶ島ラピュタと、宮崎作品の本質?!)

 

さぁ野奈浦広場に、帰ってきましたよ。

時刻はまだ16時前だった。

少し降るの急ぎ過ぎだよ~。

かなりの人々が広場で、三々五々船待ちしていたが。皆さんそれぞれが「活動限界!!」の模様です。

桟橋前にある↓八インチ砲弾(実物)が凄いよ!
f:id:minminzemi81:20170625050324j:image

最終便の一つ前16時発臨時便が、既に桟橋に来ていた。疲れているはずなのに、桟橋上には綺麗な行列をつくる、攻略部隊の皆さん。

↓外国人がビックラ~Σ(゚ω゚ノ)ノこく!という日本の風景なのだなぁ。

f:id:minminzemi81:20170627022139j:image

我々といえば既に並ぶ気も失せてダラダラ、木陰で自販機のジュースなどを嗜んでいた。予定通り16時半の最終便に乗る予定だ。

 

キラキラ光る野奈浦の海を見つめていた。

ラピュタ島かぁ…。

 

「あのなぁ~ラピュタって、どう云う意味か知ってるか?!」

「たしか、ガリバー旅行記に、う~ん…さぁ?」

「La-putaは、スペイン語。意味は“売○婦”らしいでェ。スイフトは“わざ”とそう名ずけたし、宮崎駿も当然この事、知っていたはずだし…ねw」

 

ワザと、なんだ…「ラピュタ島」は。

 

宮崎駿監督は作品世界で、必ず文明批判や世相風俗を織り込んで来た。公開時、世はバブル期で毎日がお祭りの、ドンチャン騒ぎの様相。高級外車を普通のサラリーマンが乗り回し、ジュリ扇ビッ○がお立ち台で、踊りまくってたあの時代…う~ん、思い出すなぁ。

 

映画の象徴的シーン。ストーカー(ロリィムスカ)に追いかけ回される“シータ”が、空から降ってくる。「穴」のある炭鉱町に。

またも荒くれ男にガンガン追いかけ回される。それを救けるのはラッパ吹きの“パズー”アッシー&メッシーも厭わない(都合の)イイ男!!確かに昭和バブル期、いましたねェ忠犬野郎がw。

更に、地下世界まで「穴」に堕ちて逝く二人。でも、闇世界はソレをも許さない。シータ拉致られて、遂に幽閉。

 

リビドー炸裂!!「穴」がその象徴。

 

奇跡の反撃は「ビッカビッカ!光る宝石💎彡」によって。それを奪い合う浅ましい人間模様。その挙句に「ラピュタ・バブル」が弾けて、全てが虚しくオワタ…。(しかし愛しの[シータ=ラピュタ]と考えたら、結構ヘコむでなぁ…。しかも、ドーラの娘時代はシータそっくりだ!)イロニーだよね。

 

「へ?ママのようになるの?あの子」byドーラの息子

 

んでもって、皮肉タイトルが「La-puta」なのかよっ。世相をまんま描いてるよなぁ。

 

今回のオチ

この島のあちらコチラで「○ソ○ッチ(La-puta)みたいィ~♡」キャピッ♪喜んどる、ねーちゃん達をの~んびり眺めて愉しんだ、我々が此処にいたのだった。

 

「ンじゃ、ラピュタ隊はこれにて、解散!」

「えっ!?」

「後、反省会なっ!」

「はあ…?」

f:id:minminzemi81:20170627031955j:image

帰りは“ともがしま丸”に乗って、サクッと加太港に戻って来た。いやはや、流石に疲れたな…。

反省会の会場は“雷鳥秘密基地”↓にて。

f:id:minminzemi81:20170627212935j:image
[附]友ヶ島(沖ノ島)の歩き方!サクッとまとめてみました!

友ヶ島汽船(加太港渡船) ☎073-459-1333

 

往復運賃 大人2,000円 子供1,000

加太港発 9時(始発便)~16時(最終便)

友ヶ島発 9時半(折返し便)~16時半(最終便)

火・水運休※天気・季節・カレンダー等により、便は増減する。欠航する事もあるので、電話等で確認のこと。

加太港周辺、駐車場の料金は700

 

友ヶ島案内センター(沖ノ島) ☎073-459-0314

 

友ヶ島キャンプは“南垂水広場”が、比較的広くて桟橋からも近くお勧めです。飲み水は持ち込みが、必須です。井戸は飲料禁止です。

女史の最大悩み事?、トイレが島内に三箇所あります!バイオトイレなので、流れる水が茶色ですよぉ♪話のネタに、一度チャレンジしてみては如何ですか?!

 

○ペンション“海の家” (沖ノ島)☎073-459-1639

 

宿泊は予約が必要です。唯一で人気の宿屋です。また、食事のみも可能。

※桟橋前にある“友が荘”は、現状営業状態が不明。

 

○島探検には少しだけの事前準備が、必要です。友ヶ島の本質は「島のフリした山」なのである。

 

少し多めの“飲み水”歩きなれた“運動靴”弾薬庫探検の“懐中電灯”と“汗ふきタオル”以上四点は必須アイテムです!

携帯電波は“最弱”(←アテにならない)ながら飛んでいます。しかし、わざわざ無人島迄来たヤツが、スマホいじりしたがるのも、如何なものか??

意外にも無人島の割には、害虫類が少ないが(場所による)→“虫除けスプレー”。

紫外線がエグいくらい、降注いでいる。日焼け対策→“帽子”、“UVローション”など。

⬆️以上の装備を入れるリュック、ディパック等が良いです。両手を開けるのが、基本です。

EX,冒険気分を高める「ええ感じの棒」があるとイイね。空島でチョッパーが持ってたヤツ!!

 

🚋💨加太駅から渡船へ“迷わず”に行くには?

南海難波駅から(急行、市駅乗り換え加太線)約1時間半で加太駅へ着く。

○南海加太駅(和歌山市) ☎073-459-0029

f:id:minminzemi81:20170627232143j:image

加太駅から桟橋までサクッ!と歩けば約15分位。しかし、加太ラビリンスに迷いこむと、思わぬロスタイム。ず~ん…(._."ll)วて、なるね。乗船前のメンタルは大事だョ!んで、お勧めな歩き方です。

👉駅前坂を降る。“加太観光協会”の建物がある。役にたつ“観光パンフレット”を入手したい。横断歩道を渡り住宅街へ。そのママ真っ直ぐ(南方向)に、必ず“堤川”に突き当たるので、右へ(西方向)川沿いに真っ直ぐ進めば、何ら迷うことなく“加太港”につく。あら、めで鯛!!なっ。

赤い“加太大橋”の下が渡船乗り場↓で~す。

f:id:minminzemi81:20170629100231j:image

[加太周辺の情報]

google MAPで「2号サンダーバード」名で地元情報などカキコんでいます。宜しければご笑覧あれ。

それでは皆さん、楽しい友ヶ島冒険島をお楽しみください!!…GOOD LUCK٩ơωơ)وイェ-イ!

 

(長々とした駄文をお読み頂き、有難う御座いました。これにて終了です) 

🎁[特別付録]アフターは、地元正調→“中華そば”で〆る!

地元では“中華”と呼んでいただきたい!「わかやまらう~めん♡」などという、オカマが身をよじってる様な呼び名は、いい加減謹んで頂きたいものだ。

加太港の近くで一推しの店は「丸平中華そば店」加太線八幡前駅近く(☎073-453-3004) 旧粉河加太線沿いにある。

オバオバちゃん二人が、切り盛りしている店で昔ながらの“醤油あっさり中華(屋台味)”が楽しめます!!黄色のストレート細麺。茹ではチョイ硬、メンマ、チャーシュー、ナルト、ネギが乗る王道。

f:id:minminzemi81:20170731022124j:image

「さぁ、おあがりよっ!!」

友ヶ島(沖ノ島)戦記、遂に大詰めか?ファイナルラウンド突入!アキレス最後の戦いへ!!ラピュタ隊、何処へ

友ヶ島、連続ほんまかいなストーリー 第Q弾

[拾壱]砲台跡階段で話し声がする。いったい、お前は誰なんだ…?「マタオマエカ」

f:id:minminzemi81:20170622013136j:image

右翼砲座跡から通路側に、いったん戻ることにした。弾薬支庫の俯瞰写真を撮ろうと思ったのだ。

 

階段を上がりかけたら何やら上の方で、以前に聞いた覚えの声が微かにするのだ…。

 

「このぉ~階段やったらぁ、今度はぁ~降りれるぅよぅ~なぁ?」(←声が、ちっこい!)

 

「………」

 

あぁ…ヤツらだっ。

 

「上からヤツらが、来るっ!!」

 

“オタっぷる”がモデルコースど~りに、来やがったなあ。しゃーない、道(階段)をあけるぞ。昇り掛けた階段を降り、階段を譲ることにする。

まぁ“降り方優先”である。急な角度で、危険だしね。何と優しいジェントルなメン男だろうね、俺ってばよう。

 

うんうん。えらい、偉い、

階段下で兄オタ男達を、しばし待つが…。

 

「ん…何だぁ?」

「あれ~っ?あれれのれ??」

 

なんと、誰も降りて来ないのである…。

 

代わりに降りてきたのは、如何にもなヤンキー風のグループがっ。

 

「あぁん!オラオラオラオラァ~、何じゃいオタ男!!

 

これじゃぁ、わしがまるでヤンキにビビって階段すら昇れねェ、チキン野郎みたいじゃねえかぁ~💢

 

先程の展望台休憩所では“頑張れェ~!”と、秘かなエールを送った俺様ナノだが、それは取り消す!

 

 

 全面的に取り消す!!

 

 

「オタ男、お前はもう、ガンバルなっ!!!!」

 

 

 以上!

 

 

↓有名な構図、弾薬支庫の写真を撮る。

f:id:minminzemi81:20170621032306j:image

[拾弐]ホ~ント!!この世界は、一寸先は真っ暗闇なのである。謎が多いよねえ。

 

この場所はかなり、ヒンヤリとする。体感温度的には、マイナス5度位は下がったかな。空気の流れなく湿気も何かこもった感じがする。この感じは…あぁ、鍾乳洞と同じ感覚だ。

 

第三砲台跡の地下弾薬庫に我々はいた。

 

手探り、足探り、ノロノロ進むのだが、別に暗闇が怖いからでは無い。地下層にやたらめったら別のパーティが、舟虫の様にチロチロしているからだ。サクサク歩いたりしたら“蟻さんごっつんこ”しかねない。各隊に暗視ゴーグルが、必要だなっ。

スマホ画面をライトがわりに、彷徨いている馬鹿どもが、ワサワサといる。スマホ(アプリ)では何の役にもたたないだろうに。まったく全く!

 

しかしこの感じはまさに、RPGの地下ダンジョンを、リアル体験しているようなものでもある。違うのは敵キャラ(他の観光客のコト)の出現頻度かな。

その確率は「スライムが現れた!」以上で、キャラ逃亡確率も「メタルスライムは逃げ出した!」位かな。これでは勇者のレベルが、全く上がらないではないか。

これでも初代ドラクエを三日でクリアした男なのだぞ!(←何じゃ、その自慢は?)

 

地下通路と弾薬庫は煉瓦面の上に、漆喰を施しているようだ。湿度と温度を、安定させるためなのかな。

弾薬庫の裏面?に40cm幅位の通路を見つけた。懐中電灯で照らすと、どうも上方に向かっているみたいだ。

「なんだ、この階段は…?」

人ひとりが通れるのみ、つまり上から誰か来れば対向出来ないので躊躇したが、確かめよう。上り階段を左に曲る、また左へボックスの形で、三回目の左。太陽光が僅かに刺す。行き止り、出ることも出来ない。どうやら砲座跡脇の所のようだ。「何じゃこれ??」スグにUターンする。第三砲台には“謎の通路”が他にも沢山ある。

ひと気もなしに何十年も放置状態のはず。その割には綺麗に保たれている奇跡。更に意外にも“厭な地下生物”が、見当たらないのだ。“カマドウマ”とか“ゲジゲジ”とか。まぁ、見えてなかっただけかもしれないが。

此処で写真を撮ってみたのだが、ストロボ発光させると実に“カスな写真”となる。地下要塞の重厚な雰囲気がぶち壊しだし、白くふっとんで見事にフラットになってしまう。やっぱライティングがいるなぁ。何度か撮ったが、面白くも何とも無い写真だな。

「う~ん、これではなぁ…」

つまんない“倉庫写真の証拠写真だな、コレ。消去。

闇カッケー写真をうpしたかったのだが、残念ながらミッション・インポッシブル!代わりにコチラを↓どうぞ。タイムトンネルを抜けた先に佇む未来人(21世紀人)の姿だっ!!

シュウオォォォ~ン

f:id:minminzemi81:20170623004207j:image

将校宿舎跡は酷い廃れ方で、和歌山の山奥によくある廃村家屋、そのもの。殆どの観光客が目にする場所に、あえて晒してある訳かな。修復はしないし、取り壊しもしない…。

コレって、何かの嫌がらせなのか…?!

 

次、行ってみよう~!

 

東へ道は続く。すぐに、三叉路がある。三択“運命の分かれ道”ダナ。

←左は“野奈浦広場”へ戻る下り道。

右→は“探照灯跡”へと続く道。

真っすぐ↑道なりは、“南垂水のキャンプ場”へと出る。

しかし、第四砲台跡は、立ち入り禁止になったというしなぁ。さて、時間は14:30かぁ、まだ余裕だなぁ。

 

よし、決まったなっ!

 

「面舵いっぱ~い!右」さくさく…🚶ンンッ…

 

ピーン!✨

 

何でかイイこと≧∇≦)و💭閃いちゃったのである。

さっきの第三砲台地下弾薬庫に、加太の淡島神社に掃いて捨てるほど(推定三万体)あるという、お人形さんを配置すればよいのである!

USJみたいな嘘くせーパチもん小屋だからマスゴミに叩かれた訳で。お人形さんだってこの場所なら覚醒するかもしれないではないか!

 

[淡島神社お人形さん+砲台地下弾薬庫=もうチビッちゃうぐらいこえェェェ~ほんまモン世界]誕生!!

 

ど~かなぁ?!イケてるコンテンツと想うのだが。そもそも淡島さんの島なんだから、コレは理にかなってるだろ。

なっ、文句ないだろ?

そしてレイヤーさんのために“アニメシアター”をやる!弾薬庫は映画上映にぴったりな小屋だ。ここで観る“天空の城ラピュタ”はたまらんぞよっ!!

みたい見たい!!

う~むゅ…そうなると、大事なのは“土産物”だな…。

友ヶ島の南斜面地を使って“トマト”や“オリーブ”更に“ぶどう”畑もする。地産お土産をど~ぞっ。

更に…考えられるのは、“ワイン造り”だっ!友ヶ島イタリア化っ!!マンマミーア♡砲台地下で樽並べれば、立派なシャトーワイナリーではないかっ。

うむうむ~、これはすごく夢があるよぉ~♪

 

特産品友ヶ島ワイン 爆薬風味”」の誕生!!

 

そしてイタメシ屋を、このあたりにおっ建てりゃイイかなぁ。

シェフは満幸商店のオバチャンを、スカウトする。通称名は「ジーナ」そして得意料理は「海の幸パスタ」。加太の鯛、鮑、雲丹なんか使ってね。すべて地産地消メニューで仕上げる。

アドリア海並の抜群のロケーションで、目の前に食材産地なんて、夢の様な話だなぁ~!!

 

リストランテ「Mankoshimone」誕生!!!

 

これで世界中から観光客が、日本の新名所であるココ「Tomogashima」にドットコ押寄せるコト必定なりっ!!

まぁ、友ヶ島汽船だって“友ヶ島関空航路”を開設し、ガバチョと儲け豪華クルーザーを買えば良い。

野奈浦には“ヨットハーバー”でキマリだなっ!

 

ど~よ、このアイデア冴えてるねェ~俺。友ヶ島パラダイス計画!!」で~いっ!!(ドヤ顔)

この島に圧倒的に足らないのは「」ナノだが、気ずかないのか?この男はっ!パラダイスどころでは無い!!水だよ水!!

友ヶ島の道↓は“トトロの道”なんだな、イメージ良いなぁ~。足が速まる。さくさく…🚶

f:id:minminzemi81:20170623230811j:image

友ヶ島の明るい未来計画”(妄想版)を考えていたら、さぁ見えて来ましたよ、探照灯跡↓が。

 

杜の中にヒッソリと佇んでいる。このイメージはトテモ気に入ったな。

 

「ヤホ~イ!!」

 

きょうイチ!じゃないかな。

f:id:minminzemi81:20170623230902j:image

なかなかなオシャンティーな建物↓だ。

 

横の階段の配置が何とも良い味、出してんじゃないのこのイメージまんま残して、リストランテが出来ないかな?

 

注文の多い料理店てェ、コトでね。 *´艸`)プ

f:id:minminzemi81:20170623234725j:image

サクサク…🚶…帰り道のこと。

何故か足に、違和感がある。

ず~ん!…急に重くなった。

なんだ…?何なのだ…??

 

「あ、…コレなんか、ヤバイ!」

 

すぐに水分補給をした。

考えてみると、島に渡ってから、何と!一度もトイレに行ってなかったコト(勿論大も小もね)に、気がついたのだった。

お茶は休憩のたびに、かなり採ったのに。

汗の蒸発量半端ないなぁ。

 

恐るべし!友ヶ島

 

(何とっ、マダマダ続くのかっ!大団円か?の第充弾へ)

🎁[特別付録]友ヶ島での“😨ว熱中症”について

熱中症とは簡単に言えば、体内から発汗などで急激に水分が失われ、そのために体温が急上昇する。最悪“生命危険”にまで至る可能性も。

 

○その症状↓とは(案外自覚しにくい)

[軽い]めまい、筋肉がつる。

[中度]吐き気、頭痛がある。

[重い]意識障害、昏倒する。

 

○して対策は…?(早めに手を打つのがコツ)

1に水分補給、2に塩分補給、3に食事を抜かない。

少しでも「何かヤバイぞ」と、感じたら涼しい場所へ移動、体温を冷す工夫を。

 

友ヶ島では、こまめに休憩をとり[涼しい場所で、冷水を飲む]が、何より大切ですよ。島は春先より秋口まで、高温多湿の日が多く続きます。ご注意ください!

友ヶ島(沖ノ島)の廃墟みた~い!と、ラピュタみた~い!と、おま~らマジですかっ?!の豪華三点セットお届け

友ヶ島、連続ほんまかいなストーリー 第八弾

[九]海軍聴音所にむけて、舵を切る!

我々は池尻広場から上がる坂道を進んでいた。

 

てくてく…🚶

 

すぐに、キロポストがあった。

右が「旧海軍聴音所0,5キロ」と、書いてある。

よ~し、距離は大した事ないなっ。「面舵、ようそろ~」

 

しかし、クネクネ山道は存外、遠く感じる。

 

どっどぉ~ん!!

f:id:minminzemi81:20170618033538j:image

おお、現れたぞっ、邪悪な香り٩😈วがプンプンだぜっ!!…ぱぁないのおぅ~。

廃墟好きには、堪らない案件だろな」と、私。

「連続○○現場と言われても、信じてしまう魔力あり」と、仙崎ぱずー隊員。

「この漂う雰囲気は“夜の肝試し”とかはマジ勘弁ね」と、うしのしーた隊員。

f:id:minminzemi81:20170618033613j:image

「ココにもし夕方一人で来たのなら、全速後退!!いっぱ~い」だな。

しばし佇み、外から眺めた我々の感想。

 

壁面を石で偽装しているが、他の陸軍遺跡とは趣(おもむき)がまるで違う。同時代建築とも思えない。

 

「この建物は…かなりヘ~ン!やなぁ」…だろ?

 

とっとと撮影開始だっ。

f:id:minminzemi81:20170618034817j:image

いちばん奥の部屋↑海側の正面になる。重要な機器が並んでいたはずだ。もちろん今は何も無い。

f:id:minminzemi81:20170618034844j:image

窓からは海が見える。

何だか無駄に窓が、多い気がするぞ。何でだろな?この感じは、船の艦橋に似ているな。

「むぅ…はてさて?」

紀淡海峡に侵入して来る“潜水艦の出す排気音を聴音していた場所”と謂れているが、何か話が怪しい。事実を糊塗していないか。

 

日本軍は京阪神地区を守る最後の防衛ラインを、紀淡海峡に引いていた、と言う。

ココを抜かれたらおしまい、日本代表センターバックなのである!

 

神戸大阪は火の海必定。ヤバいよぅ~。

言わば“最後の砦”なのだ。

なのに潜水艦の音を聞く?だけかぁ?

 

大阪湾は楕円形の形をしていて、出入口は僅か二箇所しかない。西の明石海峡と南の紀淡海峡だ。合理的に防衛ラインを構築するには、紀淡海峡を固めるだろう。

北上して来る敵艦隊を、地の利を活かし“隘路で待伏せ”一気に叩く。

陸軍は、由良砲台要塞にて迎撃体勢。

海軍は、紀伊水道艦隊決戦を挑む。

戦術的にはそうなるかな。

 

ならば“海軍聴音所跡”と呼ばれるこの場所はいったい何なのか?

 

沖ノ島の最南端、岬の山の上である。

紀伊水道が一番良く見える、場所。

石や木で偽装している、要塞。

第三砲台砲列の前に、水平砲座ならともかく…ただの情報収集施設では、かなりおかしいだろ。

当時、潜水艦はあった。でも単体ではあんま使い物にならなかった。と、言うしね。

じゃ、ホントの狙いは…何だ?

f:id:minminzemi81:20170618034915j:image

コレは二階(隠し部屋)に上がる穴↑梯子で上がるのかな?多分将校がいた場所だ。これじゃぁ、まるで忍者屋敷だよ。w

f:id:minminzemi81:20170618035046j:image

海の方に回って、外から二階部分を見た↑所だ。森に覆われて、やっぱ秘密基地っぽい。壁の下の方にケーブル用の、小口が開いている。いくつもの水底線を敷設していたことは確かだ。

 

ナルホド成程…海軍参謀気分で、何か考えてみよう。気分は秋山真之だなっ!

 

「本日天気晴朗ナレドモ波タカシ君、元気やろかな?転校してから長いこと…」-ω-)วZzZz…。゚ω゚)ง はっ!?

 

何となくピーン!✨

 

艦隊の「総合戦闘指揮所」かな。

紀伊水道各所から、ケーブルで情報集め分析。(作戦行動中は、無線封鎖が鉄則)最終ラインに潜水艦隊、迎撃艦隊を並べ戦闘する、その指揮を執る場所なのでは?

 

☆模式図☆

島裏(大阪湾)に虎の子艦隊を隠すんだよ作戦

SS [哨戒船]…[潜水艦群]…[沖ノ島戦闘指揮所]…[由良砲台群]…[フリート群]…[神戸海軍泊地] NS

まず、集めた情報をもとに潜水艦で雷撃!各砲台から一斉射撃で弾幕を張り敵艦隊足止めして後、紀伊水道で出撃艦隊が殲滅戦!!…だとすると、スケールでかっ!!

 

「絶対負けられない闘い!」が此処にあった!!

 

さあ、次はあの第三砲台跡!ラピュタみたい~♡の真打ちと言ってもいい場所だ!!

 

その前に一休みと。

謎の“四本石柱”が立つ、小展望台に立寄ることにする。まぁ謎でもなんでも無く、単に台風で屋根が飛ばされただけナノだが。ココには長ベンチとテーブルがあり、木陰になっている。海の景色も良い。

休憩には持ってこいなのだ!

ベンチには“オタっぷる”の先客がトイトイに座って居て、余人を寄せ付けないオーラ。我々はやむなく横で水筒を立ち飲みした。

なんとなく話が聞こえる。“喰い気味”な兄オタ男!なんか笑えてきたので、海を見ることに、しよう…。

 

オタ男「…ここまでェ~、モデルコースど~りにきたよぉなぁ~あと半分くらいかぁ~なぁ~…」(←声が小さいっ!)

貴腐人「…………」

 

う~む。おなごの方は“もうウンザリ、マジ勘弁”てな、空気バリだし。この島に、ではあるまい。ガムバレよっ~兄オタ男!キミのゴールは果てしなく……遠い。

友ヶ島の空は何処までも蒼く、晴れ渡っていたのであった。

f:id:minminzemi81:20170618153553j:image

小展望台↑から神島を望む。昔は沖ノ島と繋がっていたコトが分かる。虎島と同じ状態だったのかな。

 

すぐ目の前の海では↓加太の漁船団が大騒ぎ中!

f:id:minminzemi81:20170618155937j:image

大漁だ!大漁だ!

友ヶ島沖は大漁だ!

船ではお祭り騒ぎのようだけど

海の中ではいく万の、魚の弔いするのだろう

byみすずさんをパロってみますた。すいまそん。

f:id:minminzemi81:20170618230404j:image

鷹ノ巣展望台広場↑お弁当&休憩に良い。この日は、陽射しが異様に強かった。真っ黒な影が出来ている。


f:id:minminzemi81:20170618232709j:image

関空域、航空ビーコン施設↑(VOR/DME)近くには三角点△119,9mがある。この島の頂点だ。

f:id:minminzemi81:20170622042707j:image

空を見上げると、関空から飛び立ったジャンボ機が、高度を稼いでいる。

 

 

[拾]廃れ朽ち果て、草木が覆う。人の造りしもの。

f:id:minminzemi81:20170619223020j:image

鷹ノ巣広場から第三砲台へ降りてきた。

砲台巡りのメインディッシュだな。砲台跡の保存状態は極めて良く、写真も素晴らしい空気感がでる。

第三砲台跡東側入口のトンネル↓まさにタイムトンネルだ。軽く百年以上は遡れる。

f:id:minminzemi81:20170619155400j:image

第三砲台跡は島内で一番高い場所にあり、最大規模の砲台。八つの砲座と弾薬庫をそれぞれ連結トンネルで縦横に結んでいる。コレはまるで西洋の城、地下は暗黒のラビリンス。飛行石はきっと、さらに地下の部屋にあるのだろう。

「実に素晴らしい。そう思わんかね」と、ムスカ(自分の事だけど)が言う。

有名な構図の弾薬支庫↓窓枠でアレンジ

f:id:minminzemi81:20170619151651j:image

「あなたとわたしの、お墓なのよ」と、うしのしーた隊員がしれっと言う。

「あ~ん?!バルスかっ!それだけは、勘弁なぁ!いろんな意味でェ~!」

 

メガンテ…💣」٩(。_∥)ウワッ!

 

横の階段を降りてゆく。

砲座に続く地下通路↓さらに横にも連絡通路があり、砲座下にも弾薬庫がある。真っ暗闇なのである。

ライトオン⚡️自慢の百均ライト(LED4個付き)が心許ない。やはり“ドカチンライト”がいるのか。

f:id:minminzemi81:20170619193428j:image

真っすぐ進むと砲座跡に出た。

この場所でコスプレねーちゃんが「ラピュタみた~い♡」と発言。そして、SNSで拡散したという“いわくの現場”↓なのだ!

パズーとシータが、丸い池をのぞき込み水没した都市群を見つける。ラピュタを象徴する名シーンだな!

 

仙崎ぱずー隊員が、水の中を覗き込む。

 

「カメがいる…」

f:id:minminzemi81:20170619193729j:image

(…果して、何を見たのか?!いよいよ第Q弾)